奈良女子大学 社会連携センター
奈良女子大学 社会連携センター
奈良女子大学 社会連携センター
奈良女子大学 社会連携センター
奈良女子大学 社会連携センター

ご挨拶

 奈良女子大学は、大学での教育・研究成果を生かしながら、広く社会との連携協力に組織的に取り組むため、社会連携センターを設置しています。
 当然ながら、大学は学問の力で人を育て、社会に資する人材として送り出す使命を担っています。これが、大学の担うべき最大の「社会貢献」です。本学の場合、研究に重点を置く「国立」「奈良」「女子」大学ですので、@国家に資する、A地域に資する、B女性の社会進出に資するという3点で、社会と連携する役割を持ちます。本学の前身、女子エリートを養成した高等師範学校では、主に@Bに重点が置かれていました。しかし、現在の本学ではAの役割も重視しています。大学の教育研究の成果を社会へ還元する、企業や自治体などと共に研究開発する、地域に開かれた大学を目指すなどの形で社会と連携することで、教育研究の質を高めたいと思います。実践的研究を行う生活環境学部、基礎研究により文化・科学に貢献する文学部と理学部、そして、より高度な研究を進める大学院人間文化研究科が、社会とのさらなる連携を目指します。当センターは、その窓口として頑張ります。

奈良女子大学 社会連携センター長 学長補佐
内田 忠賢 Contents


↑奈良女子大学社会連携センター top page