数物科学専攻



数物科学専攻 【博士前期課程】

担当教員情報はこちら  

 数学と物理学は自然科学の基礎をなす学問です。数学と物理学が連携した高度な教育を通じて、高い水準の数学と物理学の専門知識を備えるとともに、幅広い自然現象や社会現象に内包される問題を発掘して、それらを合理的に解決できる人材を育成します。さらに研究を続けたい人には、博士後期課程への進学する道が開かれています。
 本専攻は、数学コース、物理学コースおよび数物連携コースの三つのコースで構成されています。

 
  • 数学コース
  • 数学コースでは、現代数学の先端を学び、より高度な専門性を身につけることを目指します。そのうえで、数学的本質をより深く理解し、複雑な対象を高度な数学的思考力で分析し、解明する能力を身につけることができるようになります。
    現代数学のさまざまな分野の先端を学ぶために、さまざまな専門科目を履修します。また、現代数学における問題を発掘・究明・解決する力を身につけるために、教員による丁寧な指導のもと、特別研究を行います。少人数で行われる特別研究では、能動的な研究を展開します。特別研究の内容をまとめ、修士論文として提出します。数学と物理学の分野横断的科目や、研究倫理に関する科目も履修します。
    高度な数学的能力を用いて自然現象や現代社会におけるさまざまな問題を発掘し、それらを合理的に解決できる女性リーダーとなることを目的として、高度な専門教育を受け、能動的な研究活動を行い、下記のような能力を身につけます。
    ・現代数学の先端を学ぶことで得られる高度な数学的思考力
    ・能動的研究により、現代数学のさまざまな問題を自らが発掘・究明・解決する能力
    ・自然現象や現代社会におけるさまざまな問題に対処する能力

     
  • 物理学コース
  • 物理学は、素粒子などの極微の世界から、天体、宇宙に至るまで、いわば自然全体を研究対象としています。本コースでは様々な自然現象を理解するために、学部における教育で身につけた物理学の知識を基礎に、さらに高度な物理の専門知識および物理的思考法を体系的に身につけます。そのために、学部で学んだ内容から大学院で学ぶ内容への橋渡しとなる理論と実験の基礎的内容を含んだ科目から、高度に専門的な内容を含んだ科目まで系統的に学びます。
    さらに、所属する研究室で教員から緻密な指導を受けながら研究を進めることにより、自然界を舞台に起こる現象を深く理解し、個性ある優れた研究を創出するための知識と課題解決のための思考法や手法を身につけます。研究成果を学外での学会や研究会等で発表する機会を通じてプレゼンテーションの能力も身につけます。また、研究倫理に関しても学びます。
    これらにより、現代の高度に発展した多様な科学技術の分野に関わることのできる能力を習得し、修了後は社会の様々な分野でリーダーとしての役割を果たし社会に貢献できる人に成長することを目指します。

    本コースで学ぶことにより、下記のような素養・能力を身につけることができます。
    ・高度に発展した多様な科学技術の分野の基礎である物理学の専門知識
    ・物理の知識を基盤にして、様々な諸課題に対し、専門的で科学的な思考ができる能力
    ・高度な数学やコンピュータを用いた情報処理の能力
    ・成果を広く社会に還元するための国際的な情報発信力

     
  • 数物連携コース
  • 数学と物理学は、それ自身に内在した学問的興味に従って進化してきましたが、歴史的には互いに緊密に結びついて発展してきました。例えば、17世紀、デカルトの解析幾何学とガリレオによる運動の記述、さらにそれらの延長線上にあるニュートンとライプニッツによる微分積分学の発見およびニュートンによる古典力学の建設などです。このように、数学と物理学は互いにつながりつつ、それぞれ新たな分野を生み出し拡大してきました。本コースでは、このような両学問の関係を意識し教育研究を進めていきます。
     

    【教育理念】
     数物科学専攻は、数学と物理学の高度な教育を通じて、高い水準の数学と物理学の専門知識を備えるとともに、社会のグローバル化、価値観の多様化、予測不能な自然・社会現象に対応できる広い視野と多様な価値観を持ち、高度化した社会の中で、国際的に活躍できる人材を育成することを目的としています。

    【求める学生像】
     世の中にはさまざまな自然現象や社会現象が存在しますが、そのような現象の中に隠れている原理について強い好奇心を持ち、それに対して理論的あるいは実験的につきつめて明らかにしようとする探究心や個性的な発想をもつ意欲的な学生を求めます。

     
    →理学部数物科学科  数学コース 
       物理学コース 
      数物連携コース 
    →理学部HP内の数物科学専攻のページへ



    数物科学専攻:担当教員情報
    「専攻構成・担当教員」はこちら

    ●数学

    専門分野 職 名 教 員 名 所 属 詳細情報
    計算機代数 教授 加古 富志雄 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    幾何学
    位相幾何学及び力学系
    教授 小林 毅 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    確率論
    確率過程論
    教授 篠田 正人 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    代数幾何学
    代数学
    複素解析学
    教授 角田 秀一郎 副学長 研究者総覧
    研究紹介集
    代数幾何学
    代数学
    幾何学
    教授 松澤 淳一 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    関数方程式論
    函数解析学
    教授 森藤 紳哉 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    非線形解析
    関数方程式論
    函数解析学
    教授 柳沢 卓 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    計算機トポロジー
    数理情報学
    教授 山下 靖 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    数論
    複素解析学
    准教授 梅垣 由美子 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    代数学
    数論
    多様体論
    准教授 岡崎 武生 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    多様体論
    位相幾何学及び力学系
    幾何学
    准教授 片桐 民陽 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    位相幾何学
    結び目理論
    助教 張 娟姫 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    確率論
    確率過程論
    助教 嶽村 智子 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    位相幾何学
    幾何学
    助教 村井 紘子 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集


    ●物理学

    専門分野 職 名 教 員 名 所 属 詳細情報
    統計物理学
    非線形動力学
    教授 上江洌 達也 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    放射線物理学
    原子物理学
    教授 小川 英巳 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    プラズマ物理学 教授 清川 修二 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    物理化学
    情報通信工学
    教授 戸田 幹人 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    素粒子実験
    高エネルギー物理学
    教授 林井 久樹 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    原子核理論
    強い相互作用に関する物理学
    教授 比連崎 悟 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    素粒子実験
    高エネルギー物理学
    教授 宮林 謙吉 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    宇宙物理学
    X線天文学
    教授 山内 茂雄 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    物性理論 教授 吉岡 英生 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    放射線物理学
    原子物理学
    准教授 石井 邦和 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    宇宙物理学 准教授 太田 直美 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    非線形動力学 准教授 狐崎 創 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    素粒子論 准教授 高橋 智彦 自然科・w系 研究者総覧
    研究紹介集
    凝縮系の物理学 准教授 土射津 昌久 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    ハドロン原子核理論 准教授 永廣 秀子 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    磁性
    金属物性
    中性子回折
    結晶成長学
    准教授 松岡 由貴 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    金属物性学
    回折物性学
    准教授 山本 一樹 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    素粒子論 助教 大木 洋 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
    高エネルギー原子核実験 助教 下村 真弥 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集
       助教 蜂谷 崇 自然科学系 研究者総覧
    研究紹介集



    21世紀COEプログラム

    「魅力ある大学院教育」イニシアティブ

    ポストドクター・キャリア開発事業

    ポストドクター・キャリア開発事業

    ↑ TOP