大学院人間文化研究科トップページ 基本理念 研究科長挨拶 入試情報 学位取得 取得できる資格 進路状況 English

専攻の紹介


物理科学専攻 【博士前期課程】

担当教員情報はこちら  

 本専攻では,宇宙から極微の世界にわたるさまざまな自然現象を対象として、それらを理解するための知識と思考法を習得します。一方で物質の基本的な構造とそこに働く相互作用や法則を研究するとともに,多様な物質世界の諸現象や物質の性質をミクロな法則に基づいて理解することを目指します。この専攻は基礎物理学と物性物理学の2つから成り立っており,互いに連携をとりながら教育研究を進めます。さらに研究と続けたい人には,博士後期課程への進学の道が開かれています。

理学部数物科学科
 
  • 基礎物理学コース
  • 本コースでは,自然界のそれぞれの段階で現れる物理現象の基本的な法則や,物質の基本構造に関して,理論および実験の両側面からの教育研究を進めます。物質の基本的な構成単位である素粒子とそれらの間に働く基本的な相互作用,素粒子の高エネルギーでの反応を用いた基本法則の検証,素粒子の複合体である原子核の構造やエキゾチックな形態,さらには原子・分子,プラズマの性質,宇宙の大域構造等に関しての教育研究などを行います。また,これらとは異なる視点から,カオス現象,形態形成などの,いわゆる複雑系の物理の教育研究も行っています。

    ○素粒子物理学・宇宙論(理論)
    ○原子核物理学(理論)
    ○高エネルギー物理学(実験)
    ○原子・分子物理学(理論)
    ○プラズマ物理学(理論)
    ○複雑系の物理学(理論)

     
  • 物性物理学コース
  • 本コースでは,我々を取り巻く多様な物質や人工的に形成された物質の諸性質を原子・分子のミクロな視点から理解するための教育研究を理論および実験の両側面から進めます。さらには,ミクロとマクロの中間に位置するメゾスコピック系の物理学や加速器を用いた物性研究といったユニークな教育研究も行っています。今日の文明を支えている科学技術の基礎となる物性物理学の取り扱う分野は非常に広範にわたっており,それは基礎物理学コースでの教育研究と相補的といえます。

    ○放射線物理学(実験)
    ○凝縮系の物理学(理論)
    ○メゾスコピック系の物理学(理論)
    ○金属物性物理学(実験)

     

    【教育理念】
     本専攻は,自然界の基礎構造の物理を研究するコース(基礎物理学コース)と,原子・分子が多数集まった多様な物質の性質を研究するコース(物性物理学コース)から成っています。
     これらのコースでは,物質の基本的・究極的なミクロ構造の解明とそこに働く相互作用や法則とその体系化,中間に属するメゾスコピック系の物理現象,マクロな系である物質の諸性質に関する教育研究を行っています。
     いずれも,理論・実験の両分野が協力して,両コースが互いに連携する形で教育研究を進め,個性ある優れた研究の創出と,高度専門女性職業人の育成を通して社会への貢献を目指します。

    【求める学生像】
     本専攻への入学を目指す受験生の皆さんには,基礎科目(力学,電磁気学,量子力学,統計力学)に加えて,物理数学(理論系)または各専門分野の基礎知識(実験系)と英語に関する筆記試験が課せられます。
     また,口述試験では筆記試験とは相補的な質問がなされ,これらを総合して入学が判定されます。
     物理学の対象は,宇宙から目に見えないミクロな世界までの広い範囲にわたります。
    自然の不思議に対する好奇心と,それに対して理論的・実験的に何故だろうと考える強い探求心・・Eツ性的な発想を持った学生,学部レベルの専門性を更にレベルアップさせたいと考える意欲的な学生を求めます。

    【主な授業科目】など

    理学部・数物科学科



    ページの先頭へ