学部・大学院・附属機関

記念館

奈良女子大学記念館

奈良女子高等師範学校(現奈良女子大学)は、明治41年(1908年)3月に設置されました。奈良女子大学記念館は、明治41年(1908年)2月に着工、翌年10月に竣工し、奈良女子高等師範学校本館として、創設当初から一階は事務室、二階は講堂として利用されていました。
昭和24年(1949年)に国立奈良女子大学として生まれ変わった後も、この建物は大学本部と講堂として使用されていましたが、昭和55年(1980年)に本部管理棟が、昭和58年(1983年)に講堂が、別に新築されたため、平成2年(1990年)に「記念館」と名称を改め、保存することとなりました。

平成6年(1994年)2月26日から12月25日にかけて改修工事を行い、同年12月27日に守衛室(附 正門)とともに国の重要文化財に指定され、一階は展示室、二階は講堂として活用しています。

奈良女子大学記念館について
記念館の四季
奈良女子大学記念館は地域住民の方々をはじめ、大学の学生、教職員に四季折々美しい姿を見せてくれます。写真をクリックすると拡大します。
一般公開について
公開期間は原則として、春季は4月下旬〜5月上旬、秋季は10月下旬〜11月上旬(いずれも1週間程度)です。
使用・見学の申込みについて
記念館は、奈良女子大学記念館使用規則に基づき、本学の職員・学生等のほか、学外者の使用も可能です。
「百年ピアノ」について
「百年ピアノ」は、本学の前身である奈良女子高等師範学校の創立当時(明治42(1909)年授業開始)に購入され、戦後永らく倉庫に眠っていたもので、平成17(2005)年6月に学内で発見されました。