研究室メンバーのご紹介

水圏生態学研究室に所属するメンバーを紹介します。
過去のメンバーの紹介はこちら

教員

*メールにてご連絡の際は、メールアドレスの@を全角から半角に直してください。

教授  遊佐 陽一
メールアドレス:yusa@cc.nara-wu.ac.jp
研究領域:
生態学,行動学,進化学,遺伝学,応用動物学
貝類や甲殻類を中心とする淡水・海洋生物の生態と行動の研究を行っています。

現在は… 1)フジツボ類の性表現と矮雄現象
2)ウミウシ類における盗葉緑体現象
3)種間関係(間接効果や対捕食者戦略)
4)生物的抵抗を用いた外来種管理
5)スクミリンゴガイの性比変動と性決定機構
6)深海などの特異な環境に生息する動物の生態
などのテーマを扱っています。

学生

上から、回生・氏名、研究テーマ、研究テーマの紹介

D3 三藤 清香 嚢舌類における自切・再生現象の解明 餌藻類の葉緑体を体内に取り込み光合成に利用する(盗葉緑体現象)ことで知られる嚢舌類のウミウシで、心臓を含む体の80%以上を切り落として再生するという大規模な自切・再生現象が新たに発見されました。私は、そのメカニズムや生態的意義など、この現象の全容の解明を目指します。

D2 梶本 麻未 寄生者フクロムシ類が潮間帯生物群集に与える影響 フクロムシ類は広い意味でのフジツボ類であり、甲殻類に寄生します。宿主の成長や繁殖に影響を与え、形質を変化させることが知られています。私は、潮間帯に生息するフクロムシ類を用いて、宿主を通した他種への間接的な影響(間接効果)を調査します。

D1 ヘンドリー ウジャヤンティー 有柄フジツボ類Octolasmis spp.の生活史と繁殖戦略 共生性の有柄フジツボ類は、宿主の形質に適応するように、生活史を変化させることが知られています。本研究では、宿主の形質の変化がOctolasmis spp.の性表現などの生活史戦略にどのような影響を与えるかを調査します。

D1 上原 春香 学習の連鎖が引き起こす水田生態系における間接効果の評価 捕食者が駆動するトップダウンの間接効果には、捕食による被食者の密度変化が関わる密度媒介型と、被食者の行動・形態といった特性変化が関わる形質媒介型の2種が存在します。ハシボソガラス - スクミリンゴガイ - イネという三者系を用いて、摂食や被食回避にまつわる学習行動がこれらの間接効果に果たす役割について解明します。

M2 村田 志帆 昆虫と貝類における捕食リスクに応じた産子調節 本研究では、卵胎生の無脊椎動物(ヒメタニシやソラマメヒゲナガアブラムシ等)を用いて、捕食者存在下でどのような産子調節を行うか、刺激因や産子の形質、サイズなどに注目して調べます。

M1 北詰 美加 嚢舌目ウミウシの摂食行動が食藻に与える影響 嚢舌目ウミウシ、コノハミドリガイは藻類を摂餌する際に、藻類の細胞壁に穴を開けて細胞内容物を吸い出します。この行動が、藻類とウミウシ自身に与える影響を調べます。

M1 保田 海 嚢舌類ウミウシの自切と再生が行動や生活史形質に与える影響 餌の藻類から得られる葉緑体を利用してエネルギーを得る嚢舌類ウミウシが大規模な自切と再生を行うことが発見されました。私は,嚢舌類ウミウシを用いて、自切・再生が起こる前後で行動や生活史的形質に変化が生じるかを調査します。

B4 朝倉 日向子 超寄生者のヤドリムシの一種が寄生者クロピンノを介して宿主カキに与える影響 クロピンノはケガキやオハグロガキなどの Saccostrea 属のカキ類に特異的に寄生するカクレガニの一種です。クロピンノにはさらにエビヤドリムシ科等脚類のOnychocepon resupinumが寄生しています。この超寄生者が寄生者の形態や行動を変化させることで、宿主にどのような影響を与えるかについて調査しています。

B4 梯 沙衣 嚢舌類における捕食者による卵孵化への影響 両生類や甲殻類において、捕食者の存在下で、卵孵化のタイミングが本来よりも早まったり遅れたりする現象が観察されています。嚢舌類においても、捕食者によって卵の孵化時期が変化するのかどうかを調べます。

B4 松村 あぐり 嚢舌類に備わる走光性と光受容の仕組み イネの苗を加害する重要な外来種であるスクミリンゴガイを捕獲するトラップについて研究しています。圃場における有効性の評価とさらなる改良を目的とします。

B4 山田 真紀 タイワンシジミの雌雄同体集団における雄の発生頻度 雌雄同体が大半であるタイワンシジミの集団に、雄が発生する頻度を調査します。また、調査の際に必要となる簡易な性判定の方法も確立したいと考えています。

B4 吉村 彩音 スクミリンゴガイの生態と防除 元々食用として持ち込まれた淡水巻貝であるスクミリンゴガイは、日本全国の田んぼで発生が増加しており、稲を食べてしまう外来種として知られています。本研究では化学分析とバイオアッセイを用いて誘引物質の特定を行い、誘引性が高く効果が持続する誘引剤の開発を目標としています。

研究員 吉田 和弘 スクミリンゴガイの生態と防除 スクミリンゴガイ(通称:ジャンボタニシ)の生態と防除方法についての研究を行っています。特にトラップによるスクミリンゴガイの防除法の開発に取り組んでいます。
リンク先:researchmap

https://researchmap.jp/pomacea1976