教員・研究室紹介

心理学コース担当 専任教員

中山 満子(なかやま みちこ)教授 博士(人間科学)

臨床発達心理士、 専門社会調査士
専門分野:社会心理学、実験心理学

学部学生の頃、心理実験の面白さにはまって、研究の道に進みました。研究テーマは変わっても、学部学生・大学院生の時代に身に着けた心理学の科学的・論理的な考え方や研究手法が役立っています。学生時代に基礎をしっかり身につけていれば、自力でそれを応用させることが可能です。学生のみなさんには、初めから狭い領域にとらわれずに、心理学の考え方、心理学の研究法をきっちりと学んで欲しいと思います。

さて私自身の研究テーマは、時代とともに人間を取り巻く状況が変わったときに、「変わるもの」は何か、「変わらないもの」は何かということです。例えば友達とのコミュニケーションをメールで行ったり、TwitterやLINEが主になったりする。そのとき、それによって変わっていく人間の心、それでも変わらない人間の心。そのあり様を明らかにしたいと思っています。

天ヶ瀬 正博(あまがせ まさひろ)教授 修士(文学)

臨床発達心理士
専門分野:認知心理学、発達心理学

「自分は何者であるか。」青年はこの問いに向かう。心理学者エリック・エリクソンはこう言いました。若い頃の私に、その問いは、家族や恋人や友人や教師との人生のなかで投げかけられ、文学や芸術や映画や音楽を導きました。格差や差別、戦争や犯罪、環境の破壊や収奪をなくしたいという強い思いがその問いを促しました。それは、突き詰めると、「自分はどう生きるのか」「人間とは何か」という問いになります。人間が世界と自身を認識して生きることからこの問いを考える。それが認知心理学であり、私の専門分野です。

認知心理学はもっとも基礎的な心理学です。人間が世界と自身をどのように認識して生きるのかという、人間についての根本的な問いに対する一つの挑戦です。産業から教育や心理臨床まで、未熟な技術や思いつきを安易に振り回す前に、根本的に考えることが必要です。ヒロシマ(原爆投下)からフクシマ(原発事故)を経て、私たちはそのことを思い知りました。みなさんと、共に学び、共に考え、共に生きていきたいと思います。

狗巻 修司(いぬまき しゅうじ)准教授 博士(福祉社会学)

社会福祉士
専門分野:発達心理学、臨床発達心理学

人間は他者とのコミュニケーションを希求する生物です。他者と円滑にコミュニケーションをはかれない環境は非常に息苦しいものではないでしょうか。 人間のコミュニケーションへの欲求はまさに生理的な欲求であり,生後間もない乳児期から周りの環境にはたらきかけ,環境からのはたらきかけを受け入れることで 人間の発達は促されるのです。

このような他者との円滑なコミュニケーションに困難を示すのが自閉症スペクトラム障害をもつ方々です。 私自身の専門は自閉症スペクトラム障害をもつ乳幼児の対人関係の発達について,特に養育者や保育者との相互交渉場面に着目し,そのスキルの発達について研究しています。 他者とのコミュニケーションに障害をもつとされる自閉症スペクトラム障害をもつ乳幼児がどのようなプロセスで対人関係を形成していくのかについて明らかにする中で, 人間が持つコミュニケーション欲求の根源について考えてみたいと思っています。

専任教員への連絡

心理学コースの専任教員との連絡を希望される方はこちらのページのアドレスにメールしてください。

▲go to TOP