在学生・卒業生の声

野々山ゆか さん (平成28年3月総合心理学コース卒業)
【家庭裁判所調査官】

私は家庭裁判所調査官として勤務しており、家庭の紛争や少年の非行などの家庭裁判所の扱う事件について調査し、今後の方針などを提案しています。

大学入学時は、困難な状況にある子どもに携わる仕事をしたいという漠然とした希望しかありませんでしたが、発達心理学や認知心理学、家族心理学など幅広い分野の心理学を学ぶ中で、希望が明確化されていきました。少人数制のゼミでは、幼児の観察研究を行い、観察結果をじっくり検討し、先生から丁寧な添削を受けることができました。職務においても、観察によって非言語情報を得ることが重要となる子どもの調査で、ゼミでの学びが生かされていると実感しています。

とはいえ、家庭裁判所の現場では、一つとして同じ事件はなく、個々の事案に応じた関与が求められ、難しさを痛感することもしばしばです。最善の関与ができるよう、自己研さんとして行動科学全般の文献を閲読する際にも、大学で学んだ統計や実験に関する知識が大変役に立っていると感じています。総合心理学コースで心理学の基礎から応用まで、しっかり学べたことは貴重な財産になっています。

遠山知恵子 さん (平成28年3月総合心理学コース卒業)
【ゼブラ株式会社 グローバル調達開発部】

在学生

授業や実習を通して、実験・調査・観察などの様々な手法やデータの分析方法を学びました。実際に自分でとったデータを分析し、心や行動の一般的な特徴が見えてくるのは大変興味深く、楽しかったです。私は特に、社会心理学に興味をもち、集団の中で人がとる行動や心理に焦点をおいて、卒業研究を行いました。 なんといっても、奈良女子大学 心理学コースは先生との距離が近く、 ゼミは真面目ながらも和気あいあいとした雰囲気でした。もちろん質問や相談などもしやすく、卒業研究では何度も先生に相談してご指導をいただきました。

現在は、メーカーのグローバル調達課で、貿易実務やシステムの移管作業に携わっています。心理学と直接結びつく仕事ではありませんが、人間とは切り離せない“心”を扱う心理学の知識や考え方は、日常の中で活かされています。

また、社会で活かせるのは知識だけではありません。日々、大きな目標に向かって仕事をしていますが、予期せぬ問題が発生することも多々あります。 目的に向かってどうアプローチすればいいかを様々な角度から考え、うまくいかなくても分析してどうすればいいか考えられるのも、心理学を学び研究を進める中で鍛えられた思考力・問題解決力のおかげだと思っています。当時は意識したこともありませんでしたが、こういった「考える力」や「何度も試行錯誤することの大切さ」も、社会人になって強く実感しています。

濵瑠美 さん (平成29年3月総合心理学コース卒業)
【奈良女子大学大学院 進学】

在学生

心理学コースでは,日々の生活で起こる小さな出来事から,社会や文化などの大きな現象まで,ありとあらゆる事象に影響されながら生きている人間の『心』を対象とし,研究をしています。一口に「心理学」と言ってもその分野は様々ですが,本コースでは「社会心理学」「認知心理学」「発達心理学」を中心として,心理学に関する幅広い知識や多様な研究法を身に付けながら,自分の興味・関心のあるテーマに基づいて研究に取り組みます。

また,心理学コースのカリキュラムでは,心理職として活躍できる公認心理師と臨床発達心理士の受験資格や,幼稚園と小学校の教員免許を取得することが出来ます。私は学部生の頃に,小学校教諭一種免許状と,他学科の授業を履修して中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)を取得しました。現在は大学院に在学しながら,幼稚園と小学校の専修免許状を取得する見込みです。奈良女子大学では附属学校園との連携が充実しており,附属特有の学習法の詳細や,日常的な学習指導と実践事例を学ぶことが出来ます。

自分の学びが現場で活きる力に繋がるのは心理学コース最大の特長であり,私自身が『心理学コースで学んで良かった』と思えるポイントです。

在学生の声

在学生

総合心理学コースでは、幅広い分野から心理学を学ぶことができます。その中で、自分の興味関心から、テーマを設定し卒業研究に取り組んでいます。ゼミは少人数制で、先生との距離も近く、とても丁寧な指導をしていただいています。また、ゼミのメンバーとも仲が良く、お互いに意見し合いながら各々の研究を進めています。 私は、発達障害を抱える生徒と中学校の関係に関する研究を行っています。難しいテーマで、分からないことも沢山ありますが、先生のアドバイスを受けながら、自分の問題意識に基づいて行動できることにとてもやりがいを感じています!
(平成28年度狗巻ゼミ4回生)

▲go to TOP