言語文化学科

言語文化学科

各コースの紹介

日本アジア言語文化学コース

日本アジア言語文化学コース

国語学・国文学、中国語学・中国文学の分野で、文学作品や文献資料の精読を中心に、比較研究の方法やジェンダーの視点、コンピューターによる資料検索や文献・絵巻のデータベースなども利用し、日本とアジアの言語文化を広い視点で学びます。

ヨーロッパ・アメリカ言語文化学コース

ヨーロッパ・アメリカ言語文化学コース

英米独仏の言語や文学を対象に、人間の認知や社会・文化との関わりから、言語の仕組みを探る研究、ジェンダーの視点を用いた研究、テクストの解釈を通じて人間文化の理解を深める文学研究などの方法を用い、多様な視点から言語文化を学びます。

世界は言葉でできている!―ことばを学び、ことばを駆使する。ことばに教わり、ことばを生み出す。

ことばとは何か。ことばによって人間は、どんな文化を築いてきたのか。世界にある、いくつものことばの仕組みや働きはどうなっているのか。ことばによって作られる芸術である文学作品が、感動や思想を私たちに伝えてくるのはどうしてなのか。そのようなことばと、ことばによって成り立つ文学に対する問いかけが。私たちの研究の原点です。日本、中国、アメリカ。イギリス、ドイツ、フランス、及びそれらの文化の及ぶ諸地域における「言語」と「文学」を対象の中心に据え、さらに「文化現象」全般をも視野に収めて教育・研究が進められます。
 言語文化学の基礎となるものは、日本語であれ、外国語であれ、言語に対する洗練された感性であり、高度の運用能力です。「言語」感覚に優れ、豊かな文学的・文化的教養を備えた国際人として活躍する女性の育成を目指します。

カリキュラムの特徴

一つのことばと文化を深く究めることもできるし、二つ以上のことばや文化を広く学ぶこともできます。どちらをめざすかは、学生が選べます。
 充実したスタッフで、様々な方法論、地域、時代、ジャンルをカバーしています。学生が選んだテーマを尊重して、丁寧に個別指導できます。
 外国語大学から編入してきた学生が驚くくらい、厳しく外国語を指導しています。とくに「コミュニケーション(英独仏)」科目では、外国人教師とともに、高度なディスカッションやプレゼンテーション、作文に取り組みます。英語学・英文学を専攻した学生には、英語で卒業論文を書くことが義務づけられます。
 毎年数名が、各国の交換留学協定大学に留学しており、留学を成功させるノウハウが豊富に蓄積されています。

特色ある活動

奈良県や、大阪・京都にある国際交流団体と提携して、様々なイベントに協力するとともに、毎年中国と欧米の大学教授や文化人を招待して特別講演会を開いています。
 TOEIC-ITP試験を学内で開催するとともに、中国語検定試験、ドイツ語検定試験、フランス語検定試験の奈良県会場を運営しています。
 大学図書館と協力して、『奈良地域関連資料』や近世紀行文、『伊勢物語』諸本などの貴重な典籍・絵画資料のデータベース化と公開作業にも加わっています。
 ドイツ料理、フランス料理を楽しむ会を、学生食堂を借りて開催しています。

ジェンダー(社会的・文化的・歴史的性差)の視点を用い、言葉や文学を読み解く方法を考える場を充実させるプロジェクトです。

pagetop