理念と目標

理念と目標

教育理念

奈良女子大学文学部は創立以来の女子高等教育の伝統に立ち、学際的視点を重視しつつ、人間・社会・文化にかかわる高度な専門教育を行います。それを通じて、社会のさまざまな分野に積極的に参加する個性的な女性を育成します。

教育目標

質の高い教養教育と各学問分野間で連携のとれた専門教育を行うことにより、幅広い教養と深い専門性を身につけた創造性豊かな人材を育てます。

本学部は以下のような3つの目標を掲げます。

  1. 社会への鋭い認識を育くむ教育
    自由な教育環境のなかで斬新な問題意識を培うことを通じて、社会に対する批判的な観察力と適確な判断力を有する人材を育てます。
  2. 国際的視野に立った思考力を養う教育
    歴史・文化に対する確かな認識と、それに基づく多様な言語能力を培い、国際社会のなかで活躍できる人材を育てます。
  3. 人間への深い理解を目指す教育
    心身のはたらきを包括的に理解し、人間性に対する豊かな感受性と洞察力をもった人材を育てます。

 

学部の教育目的

文学部は、人間性への深い洞察に根ざした人文社会科学的な知をもって、人間及びそれを取り巻く世界にかかわる諸問題の研究を学際的・総合的に推進し、それらの研究成果をもとに高度な専門教育を行い、現代社会が直面する複雑な諸課題の解決に貢献できる人材を養成することを目的とする。(文学部規定第1条の2)

学科の教育目的

  1. 人文社会学科は、日本と世界の文化や社会に関する研究・教育を行うことにより、時間・空間・関係などの視点にもとづく豊かな思考力と適確な判断力を持ち、広く社会に貢献できる人材を養成する。
  2. 言語文化学科は、言語と文学に関する諸事象・諸問題について、根源的かつ総合的な研究・教育を行うことにより、文化現象全般を視野に入れ、自由な発想と柔軟な思考力を持ち、国際社会で活躍できる人材を養成する。
  3. 人間科学科は、社会と文化における人間と人間相互の生の営みに焦点を合わせ、人間の存在と形成について総合的に研究・教育を行うことにより、一人ひとりの人間が充実して生きることのできる社会と文化の創造に貢献できる人材を養成する。(文学部規定第2条の2)

 

学部の研究目的

文学部の研究目的は、本学の基本理念に基づき、人間性への深い洞察に根ざした人文社会科学的な知をもって、人間及びそれを取り巻く世界にかかわる諸問題の研究を学際的・総合的に推進することにある。高度な基礎研究及び応用研究の進展を図り、研究成果を社会に積極的に発信するとともに、地域社会のニーズを踏まえた研究や国際的に貢献できる研究に取り組む。

各学科の研究目的

  1. 人文社会学科は、歴史学・社会学・地理学を主たる研究領域とし、日本の古代文化発祥の地である奈良をはじめとして、日本や世界の歴史・社会・文化・地域の特徴を国際比較の観点から学際的・総合的に研究する。
  2. 言語文化学科では、言語学・国語国文学・中国語中国文学・英語英米文学・フランス語フランス文学・ドイツ語ドイツ文学を主たる研究領域とし、言語文化の個別的なあり様とともに、その普遍的な言語文化の構造・特質・情報機能を学際的・総合的に研究する。
  3. 人間科学科は、教育学・哲学・倫理学・音楽・心理学を主たる研究領域とし、人間形成の諸問題、人間の諸行動、身体の諸問題について学際的・総合的に研究する。

 

アドミッションポリシー

文学部アドミッションポリシー

ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー

文学部ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー

 

pagetop