「こころ」と「からだ」の健康について総合的に学び、健康的な生活を創造する。

「こころ」と「からだ」の健康について総合的に学び、健康的な生活を創造する。

公認心理師

「こころ」と「からだ」の健康について総合的に学び、健康を科学的根拠に基づいて考えるプロフェッショナルを育成します。

健康についてこころとからだ、そして生活習慣や生活環境の観点から総合的に学び、研究を行います。健康に関する幅広く総合的な知識を身につけ、健康な生活のあり方を創造する実践力を身につけます。

生活健康学・臨床心理学・スポーツ健康科学

心身健康学科の学びとは

人々が豊かな生活を営むためには、健康であることが基本であり、誰もが健康であることを願っています。本学科の特徴は、こころとからだの健康について幅広く学ぶことができることです。社会環境を含む日常生活がこころとからだの健康と密接に関連しているのはもちろんですが、スポーツがこころとからだに及ぼす影響についても最近注目されています。これらを総合的に学ぶことができるのが本学科の特徴です。

1回生、2回生ではこころとからだの健康に関する幅広く、総合的な知識を身につけます。3回生からは生活健康学コース、スポーツ健康科学コース、臨床心理学コースの3つのコースに分かれて、専門性を高めていきます。

心身健康学科の1、2回生では
心身の健康に関して基礎的な知識を学び、
3回生からは各コースに分かれ、
さらに専門的な知識を身につけます。

コース紹介

生活健康学コース生活健康学コース

住環境や衣服内環境などの生活環境や食生活、睡眠、休養、運動などの生活習慣と健康との関連について生理学、人間工学、生化学、神経科学など主に自然科学的手法を用いた研究・教育を行っています。

スポーツ健康科学コーススポーツ健康科学コース

体育・スポーツ、こころやからだをとりまく諸課題について講義や実験・実習、地域貢献事業への参与を通して、スポーツ科学・体育学の視点から、人文科学および自然科学的手法を用いた研究・教育を行っています。

臨床心理学コース臨床心理学コース

こころの問題にはどのようなものがあるか、それはなぜ起こるのか、そしてそれら問題を改善していくためにはどのようにすればよいのかといったことについて、臨床心理学の立場から実践的な研究・教育を行っています。