臨床心理学コース

こころを知り、己を磨き、人を支える力に

コースの概要

臨床心理学コースでは、こころをキーワードに私たちの健康について考えます。
こころというのは、目で見たり、手で触ったりすることができないものですが、実は人間にとってもっとも重要なものと言っていいかもしれません。こころに何か問題が生じると、私たちは日々の生活を順調に送ることができなかったりします。このようなこころの健康に関するさまざまな問題を正しく捉える方法を学ぶとともに、どのようにすればそれら問題を抱えている人たちの回復を援助できるのかという実践的な知識を身につけます。卒業後は、臨床心理学に関する専門業務、あるいは人との関わりが重要となるさまざまな仕事で活躍できる人材を育てます。

学べること

本コースではこころをキーワードに心理学の立場から私たちの健康について考え、研究や実践をおこなっています。こころの問題にはうつ、不安、依存症、不登校、非行、心理発達上の問題など様々なものがあります。このようなこころの問題を科学的に正しく理解するために、臨床心理学を中心に様々な学問領域から学びます。例えば家族関係からこころを理解しようとする家族心理学、学校や教育とこころの問題とその援助を探る教育・学校臨床心理学、こころの発達を探ろうとする発達臨床心理学、自分らしさや人格をどのように形成していくのかという人格形成論、犯罪や非行の問題を科学する犯罪心理学などです。
また心理学実験や心理査定などの演習、臨床心理学に関する実習を通じて、こころのメカニズムやこころの問題を理解する方法論を体験的に学びます。さらに、どうすればそれらの問題を抱えている人たちの回復を援助できるのかという実践的な知識や援助方法の基礎を習得することを目指しています。

教員紹介

伊藤 美奈子教授

主な担当科目
教育臨床心理学、学校臨床心理学
研究内容
教育現場におけるさまざまな心の問題(不登校やいじめ、教師のメンタルヘルス、スクールカウンセリングなど)についての調査研究と心理臨床実践を行っています。また、思春期以降の人格形成(個人化・社会化)や東京都と共同で自尊感情に関する研究も行ってきました。さらに、不育症(習慣性流産)に苦しむ女性への支援を目指したグリーフケア研究も始めています。
主な業績
  1. 『不登校 その心もようと支援の実際』(金子書房,単著)
  2. 『思春期・青年期臨床心理学』(朝倉書店,編著)
  3. 『スクールカウンセラーの仕事』(岩波書店,単著)

岡本 英生教授

主な担当科目
犯罪心理学,人格形成論
研究内容
専門領域の中心は犯罪心理学と犯罪学ですが,そのほかに心理テストをはじめとした心理査定法についても研究しています。主な研究テーマは,なぜ人は犯罪をするのか,どのようにすれば犯罪者は犯罪をくり返さないようになるのか,そして犯罪の発生を減らすためには何が必要かといったことです。犯罪というのは特別な現象ではなく,私たちの日常生活でもしばしば見られますが,このような犯罪を少しでも減らすことで,人々が安心して暮らすことができる社会づくりに貢献できると考えています。
主な業績
  1. 『コンパクト犯罪心理学』(北大路書房,共編及び分担執筆)
  2. 『大災害と犯罪』(法律文化社,分担執筆)
  3. 『非行からの立ち直りの要件』(現代のエスプリ,462,170-180,単著)

黒川 嘉子准教授

主な担当科目
カウンセリング論、発達臨床心理学
研究内容
赤ん坊が、養育者など他者との関係性のなかで、どのように心の世界を築いていくのかを研究しています。
子どもへの遊戯療法、乳幼児の発達相談や子育て支援、発達障害への心理療法的アプローチなどを通して、遊びに表現される子どもの心、乳幼児と養育者の情緒的かかわり合い、言葉の問題などを探求しています。
主な業績
  1. 『遊戯療法の過程―遊ぶこと・話すこと―』(現代のエスプリ別冊・臨床心理面接研究セミナー,至文堂,共著)
  2. 『自閉症児における自分ではない(not-me)体験―ある発達検査場面での形合わせ遊び を通して―』(遊戯療法学研究,5(1),3-11)
  3. 『移行対象・移行現象に関する二つの視点』(心理臨床学研究,22(3),285-296)

梅垣 佑介講師

主な担当科目
心理検査法、心理学実験演習
研究内容
うつに苦しむ人がどのように他者に助けを求めるのか、という援助要請のプロセスについて研究しています。また、臨床面接よりもアクセスしやすい援助形態としてインターネット上で提供されるセルフ・ヘルプに注目し、プログラムの開発と効果検討を行っています。
主な業績
  1. 『うつと援助をつなぐ―援助資源マッチングに向けた臨床心理学研究―』(東京大学出版会, 単著)
  2. "Effects of contingencies of self-worth and sensitivity to indebtedness on optimistic bias in seeking help for depression" (Japanese Psychological Research, 57, 337-347, 単著)
  3. 『大学生の抑うつ症状の援助要請における楽観的認知バイアス』(心理学研究, 83, 430-439, 共著)

加藤 奈奈子助教

主な担当科目
心理療法学、臨床心理学実習
研究内容
日常の中で感じられる素朴な感覚や、面接空間などの非日常の中で感じられる「自分」という感覚に関して、familiarityをキーワードに研究しています。また、言葉にならないこころの在り様が、夢や箱庭、遊びといったイメージとしてどのように表現されるかに着目し、心理臨床実践を行っています。
主な業績
  1. 『箱庭という『私』と対峙すること』(箱庭療法の事例と展開,創元社,共著)
  2. 『familiarityと心理的距離に関する一考察 ~デジャヴュ体験という視点から~』(京都大学大学院教育学研究科紀要,55,189-200)
  3. 『“違和”から感じられる「私」~伊坂幸太郎『マリア・ビートル』をよむ時の感覚から~』(京都大学カウンセリングセンター紀要,40,43-50)

曽山 いづみ助教

主な担当科目
家族心理学、心理学実験演習
研究内容
人はどのような関係の中で支えられるのか、うまくいかない関係を紡ぎなおすにはどうしたらいいのか、個人の内面と家族システムの双方向から考えています。学校システムにおける新任期の教師の発達過程と、離婚を経験した家族への援助を主な研究テーマとしています。 
主な業績
  1. 『家族療法とTEA――家族療法にTEAを生かす』 (ワードマップTEA理論編,新曜社,共著(分担執筆))
  2. 『小学校スクールカウンセラーによる関係性支援のあり方――新任・若手教師へのサポートの観点から』(心理臨床学研究,33,286-297)
  3. 『新任小学校教師の経験過程――1年間の継時的インタビューを通して――』(教育心理学研究,62,305-321)