生活健康学コース

健康的な生活環境と生活習慣の創造

コースの概要

生活健康学コースでは、主に生活環境や生活習慣が健康に与える影響について、衣食住、運動、休養、ストレスなど様々な視点から、生理学、人間工学、生化学、神経科学、薬理学、行動科学など様々な手法を用いて総合的に教育研究しています。これらを学び研究することで、健康に良い生活環境や生活習慣(ライフスタイル)が見えてくるでしょう。健康で充実した生活を送るための生活環境や生活習慣を創造できる人材を育成しています。

学べること

生活健康学コースでは、健康で、快適かつ安全な生活のあり方を考えるための基礎を学び、応用力を習得することを目指します。従来の衣食住に関する基礎的な事柄だけでなく、運動、休養、ストレス、生活環境などのように生活に関わる様々な現象を、生理学、栄養学、保健学、人間工学など、学際的な視野を持って学習します。人の身体の機能やその調節機構、人の身体に及ぼす生活環境の影響などについて学び、健康にするための生活改善など日常生活に関わる問題点を発見し、科学的・客観的視野に立って評価し、問題解決のための方策を立案・実行できる人材育成を目指します。
講義で各分野の基礎を、実験実習で科学的評価方法の基礎を学習し、卒業研究では、講義や実習で培った能力を発揮して、世界に発信できる研究に取り組みます。
多くの人たちに、健康で充実した生活を送るための生活環境や生活習慣を提案できる人材の育成を目指しています。

教員紹介

三木 健寿教授

主な担当科目
栄養生理学、自律神経科学、人体計測実習
研究内容
自律神経は「こころ」と「からだ」を結ぶ情報伝達経路であり、交感神経と副交感神経からなります。(1)運動、睡眠、飲食時など日常生活における交感神経活動と循環動態との関係について, (2)不安や恐怖を感じるとき、あるいは恐怖体験を思い出すときに交感神経活動がどのように変化して循環機能に影響を及ぼしているのかについて研究しています。交感神経による「こころ」と「からだ」のつながりを明らかにすることは、心身の健康の維持増進につながります。
主な業績
  1. Miki, K. Yoshimoto, M., Sympathetic nerve activity during sleep, exercise, and mental stress Autonomic Neuroscience 174:15-20, 20, 2013
  2. Miki, K., Yoshimoto, M. Cardiac-renal neural reflex operates as a primary negative feedback loop for maintaining body fluid homeostasis. In: The neural and hormonal regulation of kidney function., ed by J. Coote, H. M. Snow, Shaker Verla, Germany PP. 1-27, 2012
  3. Yoshimoto, M., Miki, K., Chronic Angiotensin II Infusion Causes Differential Responses in Regional Sympathetic Nerve Activity in Rats Hypertension 2010;55;644-651, 2010

森本 恵子教授

主な担当科目
生活保健学、生活内科学、ストレスの科学実習
研究内容
女性ホルモンであるエストロゲンは血管を若々しく保ち、心疾患や脳卒中などの原因となる動脈硬化を防ぐ働きがあります。エストロゲンはどのようなメカニズムで血管の老化を防ぐのか、そのヒントになる作用として、私達は、エストロゲンには精神性ストレスを受けた時の血圧上昇などの心血管系の反応を和らげる作用があることを見出しました。また、糖や脂肪の代謝を活発にし、脂肪の食べ過ぎを防ぐ作用があることも分かりました。これらの作用によって、血管を若々しく維持するホルモンとしてのエストロゲンに注目し、さらに詳しい作用メカニズムの解明に取り組んでいます。
主な業績
  1. 森本恵子, 上山敬司 精神性ストレス時の循環反応に対するエストロゲンの抑制作用と酸化ストレスの関与(総説) 自律神経 第47巻(4号) 321-327頁 2010年
  2. Morimoto K, Morikawa M, Kimura H, Ishii N, Takamata A, Hara Y, Uji M, Yoshida K. Mental stress induces sustained elevation of blood pressure and lipid peroxidation in postmenopausal women. Life Sci 82(1-2), 92-107, 2008
  3. Morimoto K, Kurahashi Y, Shintani-Ishida K, Kawamura N, Miyashita M, Uji M, Tan N, Yoshida K. Estrogen replacement suppresses stress-induced cardiovascular responses in ovariectomized rats. Am J Physiol Heart Circ Physiol 287, H1950-H1956, 2004

鷹股 亮教授

主な担当科目
女性健康論、人体生理学、生活行動科学、栄養学実験
研究内容
女性ホルモンであるエストロゲンは、生殖機能以外に様々な働きをしています。女性は、閉経後肥満になりやすくなりますが、そのメカニズムについては、未だに分からないところが多くあります。我々の最近の研究から、エストロゲンが不足すると、摂食行動の日内リズムが乱れ、これが過食や肥満の原因になる可能性があることが明らかになってきました。本研究室では、エストロゲンが、摂取行動に及ぼす影響についてその脳内メカニズムを明らかにし、閉経後女性の肥満を防ぐことを目的として更に研究を進めています。
主な業績
  1. Takamata A. Modification of thermoregulatory response to heat stress by body fluid regulation. Journal of Physical Fitness Sports Medicine. 1: 479-489, 2012.
  2. Takamata A, Torii K, Miyake K, Morimoto K. Chronic oestrogen replacement in ovariectomized rats attenuates food intake and augments c-Fos expression in the suprachiasmatic nucleus specifically during the light phase. British Journal of Nutrition. 106, 1283-1289, 2011.
  3. Shimizu F, Kasai T, Takamata A. Involvement of central angiotensin II type 1 receptors in LPS-induced systemic vasopressin release and blood pressure regulation in rats. Journal of Applied Physiology. 106, 1943-1948, 2009.

久保 博子教授

主な担当科目
環境人間工学、高齢者生活環境論、環境人間工学実習
研究内容
生活に密着した視点で、 健康で快適な生活を創造するための様々な環境条件について、 住環境学、建築環境工学、人間工学的な手法を用いて実験や実測調査により研究しています。 生活の中には興味深いテーマがたくさんありますが、中でも、「睡眠と環境」「暑さ寒さと生活」「高齢者の生活環境」の3テーマが中心です。「睡眠と環境」では健康で快適な睡眠が得られるための温熱環境や寝具・寝衣はどの様なものなのか、日常睡眠と生活活動の関連はどうかを、「暑さ寒さと生活」では、省エネルギーや快適性、個人差や年齢差、冷暖房方式や設備、住居や建物性能、生活行為などの視点から人は暑さ寒さをどの様に感じながら生活し、どの様な環境が健康で快適なのかについて、「高齢者の生活環境」ではユニバーサルデザインの観点から、生体機能の低下した高齢者の生活行動に適した睡眠環境や温熱環境を検討しています。
主な業績
  1. Yasuoka, A., Kubo, H., Tsuzuki, K., Isoda, N. , Individual differences in thermal comfort and the responses to skin cooling in young women、Journal of Thermal Biology、37/ 1, 65-71,2012
  2. 佐々尚美、久保博子、磯田憲生「高齢者の選択気温と設定気温下の人体反応特性」日本建築学会環境系論文集、77/ 676, 475-479、2012
  3. 久保博子「建築環境と居住者の生理・心理 : (6)温熱環境と居住者の生理心理」、空気調和・衛生工学、85/ 3, 209-217、2011

芝﨑 学教授

主な担当科目
環境生理学、被服衛生学、被服生理学、人体生理学実習
研究内容
季節によって身体の調節は変化します。暑くなると、汗をかきやすくなり、暑い環境で作業すると疲れやすく、目眩を起こしやすくなることがあります。寒くなると、動悸息切れをする機会が増える人がいます。また、運動すると、身体は安静にしているときよりも非常に大きな反応を示します。運動や環境の変化に対して、身体がどのように変化し、どうしてそのような変化を起こすのか、安全に生活するためにはどうしたらいいのか、その予防策などを研究しています。
主な業績
  1. Aging and thermoregulation. Shibasaki M, Okazaki K, Inoue Y. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. Vol 2(1), 37-48, 2013.
  2. Modelflow underestimates cardiac output in heat stressed individuals. Shibasaki M. et al. American Journal of Physiology. Vol 300(2), R486-R491, 2011.
  3. Nonthermoregulatory modification of sweating and skin blood flow. Exercise, Nutrition, and Environmental Stress Vol 4. 2005

吉本 光佐准教授

主な担当科目
食健康論、生活健康学基礎実験
研究内容
動脈圧は、日常生活の様々な状況に応じて刻々と変化しています。この動脈圧の変化を調節している1つ因子が交感神経です。日常生活時においてあるいは高血圧といった生活習慣病に至る過程で、交感神経活動がどのように変化して循環機能調節に影響を及ぼしているかについて研究しています。
主な業績
  1. Wehrwein, EA., Yoshimoto, M., Guzman, P., Shah, A., Kreulen, DL., Osborn, JW. Role of cardiac sympathetic nerves in blood pressure regulation. Auton Neurosci, 183:30-5., 2014
  2. Gray, EA., Tsuchimochi, H., Pearson, JT., Sonobe, T., Fujii, Y., Yoshimoto, M., Umetani, K., Shirai, M., Schwenke, DO. Assessment of the serotonin pathways as a therapeutic target for pulmonary hypertension. J Synchrotron Radiat, 20(Pt 5):756-64., 2013
  3. Yoshimoto, M., Yoshida, I., Miki, K.Functional role of diverse changes in sympathetic nerve activity in regulating arterial pressure during REM sleep. 34(8):1093-101., 2011

内田 有希助教

主な担当科目
心身健康学概論Ⅱ、生活健康学概論
研究内容
女性ホルモンのエストロゲンは肥満、摂食障害、アルツハイマー、睡眠障害など多数の疾患に関与することが知られていますが、その作用機序は不明な点が多いといわれています。普段意識することはありませんが、体温調節は暑熱・寒冷といった様々な環境下でも、体温を一定に保とうとする命を守るしくみです。本研究室では、女性ホルモンのエストロゲンと体温調節の関わりについて、主に実験動物(ラット等)を用いて研究しています。今までの研究から、エストロゲンが末梢だけでなく中枢(脳)にも影響し、体温調節を変化させるということが分かってきました。このような研究を通じて、女性の冷え症や、熱中症の予防、生涯にわたる快適性の向上に貢献していきたいと考えています。
主な業績
  1. Yuki Uchida, Kei Nagashima, Shuri Marui. Estrogenic modulation of female thermoregulatory behavior in a cold environment. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine Vol.5, No.1 (March): 77-80, 2016
  2. Yuki Uchida, Ken Tokizawa, Mayumi Nakamura, Cheng-Hsien Lin, Kei Nagashima*. Tail position affects the body temperature of rats during cold exposure in a low-energy state. Journal of Comparative Physiology - A Vol.198, No 2 (February): 89-95, 2012.
  3. Yuki Uchida, Ken Tokizawa, Mayumi Nakamura, Hisae Mori, Kei Nagashima*. Estrogen in the medial preoptic nucleus of the hypothalamus modulates cold responses in female rats. Brain Research Vol. 1339 (June): 49-59, 2010.