人間文化研究科人間行動科学専攻心理学コース

HOME>教員・研究室紹介

学びの特徴・カリキュラム 教員紹介 入試 資格・進路 在学生・修了生の声 お問い合わせ

コースの特色

人間関係行動学コースには2つの特色があります。
 一つ目は、横のつながりを大切にしていて、ゼミ(研究室)間の垣根がとても低いことです。伝統的に、主任指導教員以外の教員は全員副指導教員となります。主任指導教員(いわゆるゼミ担当の先生)だけでなく、必要に応じて、どの教員も研究の相談にのります。院生控室は、ゼミごとに分かれるのではなく共通で、すべての院生がゼミや学年をこえて、共に学んでいます。
 二つ目に、教員と院生の距離が近いことです。日々の率直で緊密なコミュニケーションが、研究指導における良好な関係を支えています。

教員紹介

中山満子リンク (教授)

主たる担当科目:対人心理学特論、対人心理学演習
専門分野:社会心理学、実験心理学

 私自身の研究テーマは「現代社会における対人関係」で、(1)SNSなどネット利用 に関連する諸問題、(2)ママ友関係など現代社会特有の人間関係について、研究しています。
 ゼミ(研究室)では、学部から博士後期課程まで、多くの学生が協力し合い、また切磋琢磨し、研究に励んでいます。院生の研究テーマは、基本的に自身の興味・関心に基いて自分自身で選択します。言語・記憶、SNS関連、仲間関係、ジェンダー、パーソナリティなど、実験心理学から社会心理学まで幅広い領域をカバーし、多彩な研究を行っています。

天ヶ瀬正博リンク(教授)

主たる担当科目:認知心理学特論、認知心理学演習
専門分野:認知心理学、認知工学、認知発達

狗巻修司リンク (准教授)

主たる担当科目:発達臨床学特論、発達心理学演習
専門分野:発達心理学、臨床発達心理学

 前言語期にみられる「指さし」に着目し、定型発達児と自閉症スペクトラム障害児の相互交渉スキルの発達プロセスについて研究しています。保育所・幼稚園・療育施設・特別支援学校などにお世話になることが多いです。
 ゼミ(研究室)は少人数ではありますが、乳幼児期を中心とした発達研究や、障害のある子どもへの支援といった発達臨床に関する研究など様々です。院生自身の興味関心に応じて研究テーマを決定し、主体的に研究に取り組んでいます。また、発達臨床についての専門的な知識を深めつつ、発達相談員などの専門職を目指す院生もいます。


専任教員への連絡

心理学コースの専任教員と連絡を取りたい方はこちらのページのアドレスにメールしてください。