人間文化研究科人間科学専攻心理学コース

HOME>在学生・修了生の声

学びの特徴・カリキュラム 教員紹介 入試 資格・進路 在学生・修了生の声 お問い合わせ

前期課程2年生 奥谷真子さん

 私は学部のときの心理学の講義を通じて発達支援について興味を持つようになり、より深い専門性を身に付けたいと考え、大学院に進学しました。大学院の1年目は学外実習で中高生と関わり、現在は学内で発達に困難のある小学生を対象に、遊びを通してチーム支援を行っています。実習後は毎回チームでその日の様子について話し合い、次の支援につなげられるような振り返りを行っています。
 また先生方や他の院生も交えて討論をすることもあるので、自分たちの支援の仕方を客観的に捉え、より良い支援を目指すことが出来ます。実習の他にも発達に関する講義では、理論を広く学ぶというよりは、理論から実際に支援に結びつくよう、深く「考える」ことが必要とされます。大学院に入学してから講義や実習を通して、発達支援について幅広い視点と深い学びを得る事が出来たと思います。
 修士論文の研究は発達支援とは別のテーマにはなりますが、発達支援の勉強をすることで自分の研究が実際の現場でどのように役立てられるかを考えながら研究を進めています。本大学の大学院では公認心理士の受験資格を得ることが出来るので、将来は資格を活かして働くことを目標にしています。

前期課程2年生 坂上紋香さん

 私は、本学の文学部人間科学科より進学しました。学部時代に実験を通じて人間の認知過程を窺い知ることの面白さに触れ、さらに研究を続けたいと考えての選択です。
 コースの先生方は厳しくも温かいご指導をしてくださり、研究に行き詰まったときにはいつでも、状況を打破するための的確なヒントを与えてくださいます。また、院生同士もたいへん仲が良く、互いに励ましあい切磋琢磨しながらそれぞれの研究を進めています。院生の研究テーマは言語処理、対人関係、パーソナリティなどさまざまな領域に及びますが、私が研究に関する悩みをコース内の友人に相談したときには、自分のテーマにかかわらず親身になって考えてくれました。このように、尊敬する先生方と信頼のおける仲間たちに恵まれた環境で、伸び伸びと自分の研究に取り組みながら、充実した学生生活を送っています。
 博士前期課程の修了後は、本学の博士後期課程に進学したいと考えています。学部や博士前期課程で積み重ねてきた学びを生かして、さらに研究を進めていきたいです。

前期課程1年生 石田瞳さん

 私は将来心理職に就きたいと考え、現在公認心理士の資格取得を目指しています。大学3回生の春に進路を考える際には、本当に自分に支援ができるのか?自分に専門職が務まるのだろうか?という不安がありました。しかし、どんな職業であっても責任はあります。まずは自分が専門的な知識や技術を少しでも高めていくことが必要だなと感じ、研究も実習も十分に取り組むことができる奈良女子大学の院への進学を決めました。
 院生生活は学部生の時と2つ異なったことがあります。ひとつは研究を自分で進めていかなければならないことです。そのため、自分でスケジュールを組んでメリハリをつけて取り組んでいく必要があります。もうひとつは、実習時間が増えたことです。毎回実際にお子様に関わることの難しさを感じながら、試行錯誤して取り組んでいます。
 奈良女子大学の大学院は少人数ですが、その分教員の方々やゼミが違う先輩とも距離が近く、研究が行き詰まった時や何か悩みがある時も力になってくださいます。また、同期同士も仲が良いため、お互いに協力して研究や実習に取り組んでいます。このような風通しのよい環境は、修士論文や実習を乗り越えていくためにとても恵まれていると思います。

前期課程1年生 國方雅子さん

 私は他大学の商学部を卒業し,奈良女子大学の人間文化研究科に入学しました。現在,高齢者が小売市場で形成または維持している友人関係の研究を行おうと考えています。
 他学部からの入学ということもあり,現在は,大学院の授業とともに学部学生対象の授業も履修しています。心理学コースの授業は、学部・大学院を問わず、心理学を学ぶということに対してとても真摯な授業カリキュラムとなっています。心理学の知識を他学部卒でも基礎から確実に学んでいけると実感しており、奈良女子大学に入学できて本当によかったと感じています。
 また、心理学コースの学部生も院生も,和やかで優しく輪に入れてくれる雰囲気の方が多い印象です。そのため、うまく大学になじめるかという心配も少なく、余計な不安を感じずに勉強に集中することができています。