前期課程2年生 辻本夕貴さん

 私は,他大学の心理学専攻から奈良女子大学大学院の人間科学専攻心理学コースに進学しました。本コースを志望した理由は,臨床発達心理学の観点から自閉スペクトラム障害をはじめ様々な問題を抱えた子どもたちについてより専門的に学ぶことができること,研究を続けながら公認心理師や臨床発達心理士の受験資格を取得できるということが魅力的だったからです。また,入試説明会の際も親身になって相談に乗っていただきここに進学したいという思いが強くなりました。
 そうして入学できたものの昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響で対面でなかなか顔を合わせることができない状況が続きました。しかし,そんな中でも先生方をはじめ先輩方や,同級生たちにも手厚くフォローしていただき,安心して授業や実習に臨むことができています。実際入学してみて研究活動や授業,公認心理師実習との両立が難しいと感じることもありますが,優しく受け入れてくださるような温かい雰囲気の中充実した大学院生を送ることができ,心理学コースに進学できて本当によかったと思っています。

前期課程2年生 小林由唯さん

 私は,子どもの発達支援に携わる仕事に就きたいと考えています。一人ひとりに合った適切なアセスメントや支援をするためには,発達に関する理論を身につけていることと,実践を積み重ねていくことが重要であると考えます。そのような理論や実践について学ぶことができるため,奈良女子大学大学院への進学を決めました。大学院では,発達や心理学に関する講義や公認心理師受験資格取得に関する科目を通して学びを深めています。また,実践においては,学内実習で実際に子どもと関わりその子に必要な支援を考えながら日々経験を積み重ね,学外実習では医療・福祉・教育領域における支援の実際を直接感じ学ばせていただいています。
 実習や研究を進めていくにあたって大変なこともありますが,先生方からご指導をいただいたり同じコースの学生に相談したりと,周囲に支えていただいて勉学や実習に励むことができています。

前期課程1年生 呉屋夏帆さん

 私は本学の文学部心理学コースから大学院に進学しました。心理学コースの学生の多くは公認心理師や臨床発達心理士の資格を取得し,現場で働くことを目指しています。心理士として求められるのは,科学者であり実践者であることです。本学の講義では,認知・社会・教育・発達など心理学の基礎を包括的に学びます。重要な理論や最新の研究についての理解を深め,エビデンスに基づいた知識を身につけることができます。学外実習では,医療・福祉・教育領域での心理支援を実際の現場に入って学びます。領域ごとの専門性や支援のあり方を知り,社会で求められる心理士の姿を直接感じることができます。学内実習では,1 つのケースを 2 年間継続して担当します。先生からの指導のもと支援目標や活動内容を設定し主体的にお子さんと関わりながら発達支援を行うことができます。
 このように,本学の心理学コースでは基礎と実践の両方をバランス良く学ぶことができるのが特徴です。講義で学んだ理論に基づいて実習での活動を決定したり,実習で興味を持った事象を研究に落とし込んだりと,基礎と実践の繋がりを感じながら学ぶことができます。
 また,学生の人数が少なく,先輩や先生方も優しく丁寧に相談に乗ってくださります。信頼できる先生や先輩方,友人達に囲まれ,恵まれた環境で学びを深められることに日々喜びを感じています。

前期課程1年生 前田みなみさん

 私は他大学の心理学部から,奈良女子大学大学院人間科学専攻心理学コースへと進学を決めました。
 学部生の頃に様々な心理学の基礎を学んでいく中で,心理学をより深く学びたいと思い,大学院進学を決意しました。その上で,将来どんな職業人として居たいのか,今,自分の関心は何なのか,世の中のどんな現象や問題に関心があり,それと自分はどのように向き合え,改善の一助を担えるのだろうかと悩みました。しかし,心理学への尽きない関心と,これまでの自身の経験から得た思いや考えなど総合的に考えた結果,公認心理師という資格を取得したいという思いに至ったのが,本学への進学を決めた1つの理由です。また,公認心理師の受験資格取得に必要な実習環境や研究に打ち込む環境が整っていることも本学の魅力でした。
 昨今の新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から,確かに制限される実習等があったり,実習の中で以前と違ってできない経験があったりと,以前とは違うような困難はあります。また,そもそも慣れない環境の中で学習や研究を始めるのも大変で,ストレスもかかります。しかし,先生方のご尽力を賜り,また先輩方や同級生たちの温かいフォローもあって,講義や実習などの活動を不安なく過ごすことができています。
 これから大学院進学を考える方の中で,特に,いわゆる外部生や社会人の立場から新たな場所へと進むことはストレスも多く,ためらわれる方も多くいらっしゃるかもしれません。しかし,本学には親身になって相談にのってくださる先生方や職員の方,内部生の方がおり,安心して講義や実習,研究に取り組める環境が整っています。
 今,私が経験しているように,また来年からも内部生・外部生・社会人の方々など新たな仲間と共に切磋琢磨できる場になることを願って,奈良女子大学大学院でお待ちしています。

お問い合わせ

奈良女子大学大学院人間文化総合科学研究科
人間科学専攻心理学コース

アクセス・お問い合わせ