クラス

「国際グループワークT・U」キャリアデザイン・ゼミナールB(37)(38)

留学生と日本人学生による国際共修グループワーク。日本語を使った仕事に就くことを考えている留学生、グローバル企業で働くことを考えている日本人学生等を対象に、異文化間コミュニケーションの機会を提供する。大学生活に関わることなど、留学生・日本人学生双方にとって身近な課題を設定し、解決方法の提案を行う。
留学生と日本人学生の受講人数は、それぞれ10名程度とする。グループワークは、基本的に日本語で行うが、グループメンバーの状況によっては他言語を使用することも可。

英語で日本を学べる科目

明治時代から第二次世界大戦までの主要な日本文学作品を取り上げて概説すると共に、同時代において日本文学がどのように展開したのか、社会的な変化により、文学表現がどのように形作られていったのかを講ずる。
本講義では日本の近代化に焦点をおく。明治維新から現代までの文学作品、評論、新聞記事、漫画、映画等を扱って、時代の文化状況や社会変動のありようを考えていく。日本の現代文化という観点からも近代化について考える。日本の近代化の特徴や現代日本社会の現象に関する知識を深めながら、それに先立つ明治以前の出来事の歴史文化的な背景にも触れる。