交換留学とは

本学の正規課程に在籍する学生は、学生交流に関する 協定を締結する大学 への交換留学制度を利用することが可能です。
このプログラムによる交換留学を希望する場合は、以下の内容を参考に早めに準備をすすめてください。

交換留学(派遣)制度

1.授業料等を不徴収とする大学間学生交流協定大学への短期留学制度

奈良女子大学と海外の大学が締結している、授業料等を不徴収とする大学間学生交流協定に基づき、奈良女子大学の学部もしくは大学院に正規生として在学している学生が、在学したまま、海外の協定締結大学に留学する制度です。
留学先の大学へ授業料を納める必要はありませんが、奈良女子大学では休学せず、授業料を支払う必要があります。この制度により協定校へ受入れられる人数には制限があり、奈良女子大学及び留学先大学での選考によって決定されます。航空運賃、生活費、保険料などは個人負担となります。
留学期間は1年以内の1学期または複数学期です。
留学先の大学で取得した単位は、帰国後所属部局で認定されれば、本学の単位とすることができます。また、この留学期間は本学における在学期間として認められますので、留年すること無しに留学できる制度として計画されています。ただし、国や大学によって、学期の開始時期が違うこともあり、中には1年の留年をせざるを得ない場合もあります。
募集開始時期は例年7月頃です。応募資格、応募に必要な書類は、年度により多少変更がありますので、国際課留学生係に早めに確認してください。

2.その他の大学間学生交流協定大学への短期留学制度

奈良女子大学とオックスフォード大学オーリエル・コレッジ(イギリス)は、大学間学生交流協定を締結しており、1年以内の短期交換留学が可能です。
現在のところ、本制度を利用できるのは、イギリス文学を専攻する大学院博士後期課程正規生のみとなっています。オックスフォード大学オーリエル・コレッジについては、授業料不徴収の取り決めがないため、入学料、授業料、検定料を含め、留学にかかる全ての経費を負担する必要があります。
応募の条件等、詳細については、イギリス文学専攻教員に問い合わせて下さい。

必要となる語学能力の目安

この交換留学制度においては、語学の勉強を目的とするのではなく、専門の勉強・研究を目的とする者を対象としています。各協定校が必要と定める語学能力はそれぞれ異なります。申請の時点で基準を満たしていることが望ましく、試験のスケジュールを確認し、早めに準備することが大切です。

英 語 TOEFL(iBT) 80〜90点以上 , IELTS6.0以上
中国語 学部 HSK(漢語水平考試)5-6級程度
中国語 大学院 HSK(漢語水平考試)7-8級程度
韓国語 韓国語能力試験6級程度

上記は、一般的な基準として、参考程度にみてください。

奨学金制度

交換(派遣)留学の申請者については、学内選考の選考結果に従い奈良女子大学なでしこ基金派遣留学奨学金の採用候補者とします。

奈良女子大学なでしこ基金派遣留学奨学金

本奨学金は、奈良女子大学に在籍し、海外の大学へ留学を希望する者に対する留学援助の事業として奨学金を支給し、本学における海外の大学との留学生交流の一層の拡充を図り、相互の研究・教育水準の向上に資するとともに、各国との相互理解と友好親善に寄与することを目的としています。奨学金として渡航前に10万円が支給されます(一時金のみ)。留学期間終了後に報告書を提出する必要があります。募集人数は10名程度です。

交換留学(派遣)決定までのスケジュール

7月: 交換留学生募集開始
10月初め: 交換留学生申請期限
10月〜11月初め: 書類選考及び面接選考 / 各協定校への出願書類準備 / 各協定校へ出願 / 入学の合否について通知
翌年度: 各協定校へ留学開始

以上のように、交換留学の派遣決定まで約1年かかります。計画にあたっては、帰国後の研究計画や進路を十分に検討し、語学能力試験や情報収集に余裕を持って取り組んで下さい。

派遣先協定大学情報

各年度の募集対象校は、必ず募集要項をご確認ください。

協定大学一覧

平成30年度交換留学生(派遣)募集要項

交換留学生募集要項は、以下のページをご確認ください。

平成30年度交換留学生(派遣)募集要項(PDF)

募集締切日:平成29年10月5日(木)

お問い合わせ先

〒630-8506
奈良県奈良市北魚屋西町
奈良女子大学国際課留学生係(総合研究棟(文学系N棟)1階)
TEL: 0742-20-3240
FAX: 0742-20-3309
E-mail: ryugakusei@cc.nara-wu.ac.jp