ダブルディグリープログラム

日・EU間学際的先端教育プログラム(EU-JAMM)

奈良女子大学は、日・EU間学際的先端教育プログラム[EU-JAMM:EU-Japan Advanced Multidisciplinary Master Studies(日本側代表校:神戸大学)] に参加しています。
EU-JAMMは日本側4大学、EU側6大学でコンソーシアムを形成し、ダブルディグリー協定校間で博士前期課程 (修士課程) 学生の派遣・受入を行います。プログラム参加学生は、2年間の博士前期課程在籍中に、1年間の留学により、日・EUの大学からそれぞれ修士学位を取得します。

コンソーシアム参加校

日 本 E U
神戸大学(代表) ルーヴェン・カトリック大学(代表) ベルギー
九州大学 エセックス大学 英 国
大阪大学 グローニンゲン大学 オランダ
奈良女子大学 ヤゲウォ大学 ポーランド
  ルンド大学 スウェーデン
  ティルブルグ大学 オランダ

日欧学生交流プロジェクト(ICI-ECP) [ダブルディグリープロジェクト]

EU-JAMMは、日欧学生交流プロジェクト(ICI-ECP)に採択されました(平成25年より4年間)。ICI-ECPとは、日本政府が欧州連合 (EU) と実施する教育連携プログラムの一環として、日本の大学等2機関以上と欧州の大学等2機関以上が共同で実施する学生交流プロジェクトです。
このプロジェクトのもとに、本学は、ルーヴェン・カトリック大学をEU側パートナーとして、学生および教員の相互交流を進めます。

本学に於ける学生交流及び教員交流の予定

  2014年 2015年 2016年
学生交流 派遣   1 1
受入   1 1
教員交流 派遣 1   1
受入   1