官民協働海外留学支援制度

官民協働海外留学支援制度 「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」

日本から海外へ留学する学生を支援する制度、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第9期の募集については下記のとおりです。
第9期の募集は、平成30年8月11日〜平成31年3月31日までの間に留学を開始する者が対象となります。
詳細については、下記の「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」公式Webサイトをご確認いただき、応募を考える方は早めに国際交流センターまで申し出てください。
(募集要項(別紙3を除く)は第8期と共通です。)

学内応募期限:
応募プランの相談及び留学計画の概要の提出は1月16日まで。
その他の書類締切は、2月9日まで。
**申請希望者は詳細について早めに国際交流センターへご確認下さい。

提出書類に関する注意

日本学生支援機構の第二種奨学金を受給していない学生については、大学への申請時に、応募学生申請書類に加えて、以下の書類の提出が必要になります。

○大学学部生
平成28年の家計支持者(全員分)の源泉徴収票のコピー、あるいは確定申告書の写し

○大学院生
申請者本人に定職がある場合、平成28年の源泉徴収票のコピー、あるいは確定申告書の写し
※配偶者がいる場合は、配偶者のものも合わせて提出をお願いします。

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の概要

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」公式Webサイト

日本再興戦略と産業界からの意向を踏まえ、実践的な学びを焦点に、学生の理系分野、複合・融合系分野における留学や、新興国への留学、諸外国のトップレベルの大学等への留学等を支援するプログラムです。

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」説明動画:本学の廣木佳蓮さん出演

応募要件

・学部生及び大学院生(正規生のみ)
・日本国籍を有する学生又は日本への永住が許可されている学生
・(独)日本学生支援機構による海外留学支援制度(協定派遣)との併給は不可。
・2018年4月1日現在の年齢が30歳以下の者。
・本制度の第1〜8期派遣学生でない者

※詳細については、必ず募集要項でご確認ください。
※(独)日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす者と超える者で応募できるコースが異なります。

支援内容

奨学金
月額6〜16 万円を給付(※応募するコース(大学全国コース or 大学オープンコース)や留学先地域により給付額は異なる)
留学準備金
15万円もしくは25 万円(※留学先地域により給付額は異なる)
授業料
30万円もしくは60万円(※大学・大学院で留学計画に沿った専門分野を学ぶための授業料のみが対象。語学の授業料のみの場合は支援対象外)

※全て給付型の奨学金です。

留学期間

事前研修受講後、指定の期間内に留学を開始するもので、留学期間が28日以上〜2年以内(3ヶ月以上推奨(「海外初チャレンジ応援枠」は除く))のもの。
(留学期間が1年以上の計画については、全体の1割を上限に支援予定)

支援の対象

1.理系、複合・融合系人材コース
理系分野、複合・融合系分野における学修やインターンシップ、フィールドワーク、実験・実習等の実践活動を行う留学を支援。
※8期より新たに「未来テクノロジー人材枠」が設けられました。
2.新興国コース
今後経済成長が期待される新興国への留学を支援。特に現地語の習得や異文化理解、インターンシップやボランティア等の実践活動を行う留学を支援。
3.世界トップレベル大学等コース
世界トップレベルの大学等で、研究やフィールドワーク、インターンシップ等の実践活動を行う留学を支援。
4.多様性人材コース
スポーツや芸術など、各々の分野や活動において、世界を視野に、社会に影響を与えていきたいという意欲ある人材が行う留学を支援。

申請方法等、詳細については、国際交流センターでご確認ください。

【問い合わせ先】
国際交流センター
E-mail: iec@cc.nara-wu.ac.jp
参考:「トビタテ!留学JAPAN」ホームページ:
http://www.tobitate.mext.go.jp/