理学部・大学院HOME > 大学院博士後期課程 > 共生自然科学専攻

大学院人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

概要・教育理念

 人間生活は環境との調和を基調とした健康・安全・快適を目標として、人間と様々な環境との共生的な相互作用の中で営まれるものであり、その中で人間は身体と生命活動の恒常性を維持しています。身体生命活動と環境との調和した共生を図るための自然科学的な知見の蓄積を、本専攻で担います。
 微視的及び巨視的視点から人間環境に関わる諸問題を総合的に教育研究し、人間とそれを取り巻く環境との共生の道を探求するには、これらの階層的な生命現象及び生命体と環境との相互的作用を、深く掘り下げて研究するだけでなく、それらの間の共生的調和を図るため融合かつ学際的に教育研究することが必要です。

教育理念

 本専攻では、安全で快適な人間生活と健康な人間生活環境の構築、環境に負荷を与えない物質変換システムと機能性材料の創成、生命現象の解明ならびに調和ある生物環境のあり方を目指す教育研究を行います。
 このために、食物・化学物質・生活素材の安全で快適な人間生活への応用と、分子レベルや個体レベルでの生体反応の解明やバイオサイエンスの手法に基づく生活習慣病予防など、健康な人間生活環境の構築に寄与できる人材、ナノ分子科学を基盤にした環境に負荷を与えない物質変換システムと機能性材料の創成を図ることができる人材、生物の遺伝子や生理活性物質についての理解と生命現象の解明ならびに他の生物や環境物質との相互作用の解明を通して調和ある生物と環境のあり方を構想できる人材を育成します。

求める学生像

 本専攻では、人間と近接環境との共生のあり方を自然科学の手法に立脚して追求できる人材の養成を目指しており、以下のような学生を求めます。

  • 人間環境の調和ある保全に貢献したい人
  • 高齢社会での健康で快適な環境を衣食住の立場での構築を目指す人
  • 人間環境の調和を考慮した物質の合成並びに化学反応に深い知識と技術を持ち、高性能・高機能性材料の新素材の開発を目指す人
  • 人間生活を取り巻く諸問題に対して、生命現象の理解に基づき健康・安全で快適かつ調和ある環境の構築を目指す人
  • 生活物質・素材に関連する深い知識と技術の修得を目指す人
  • 生物学、化学などの基礎科学や環境関連の研究所の研究員並びに大学教員を目指す人
  • 行政の環境保全、生活改善分野などにおいて政策立案を目指す人
  • 環境指標を策定し、環境アセスメントを目指す人
  • バイオテクノロジーの最新の知識と技術を修得し、食品・医薬などの産業界と学術分野で社会に貢献したい人
  • 行動変容理論に基づいての個人および地域社会での健康環境構築について指導的立場を目指す人

機能性物質科学講座

 本講座は、物質を分子レベルのミクロな構造・反応からマクロな機能に至るまで組織的・総合的に扱います。すなわち、物質の物理的・化学的性質とミクロな構 造との関係、ミクロな世界での状態変化のダイナミクス、化学反応や合成による物質の変換などについて、理論・実験の両面から教育研究を行います。
 このような教育研究分野は、物質と人間環境との調和のとれた発展への基礎となるものであり、上記の人間環境問題を含む幅広く高度な知識を身につけた社会に貢献できる人材を養成するのが本講座の目的です。
 このために、基幹化学、機能化学の両化学分野の教員が連携して教育研究を進めます。

吉村 倫一
教授
自然科学系
界面活性剤、両親媒性高分子、金属ナノ粒子などソフトマターの分子集合体に関する研究
片岡 靖隆
教授
自然科学系
高性能な遷移金属錯体触媒の設計と合成、環境に調和した新しい有機合成反応の開発
浦 康之
准教授
自然科学系
環境調和を指向した新しい有機遷移金属錯体の合成、反応性と触媒機能に関する研究
梶原 孝志
教授
自然科学系
ナノサイズの新規金属錯体の設計・合成と固体状態における物性制御に関する研究
衣川 健一
教授
自然科学系
分子シミュレーションの手法による分子集団・分子集合体の先験的解明及び物性設計
太田 靖人
准教授
自然科学系
計算科学的手法による複雑多分子系の構造・反応機構の解明及び新しい理論計算法の開発
中沢 隆
教授
自然科学系
生体高分子、特にタンパク質・酵素の構造、機能、及び反応機構の解析法の開発と研究
(化学コースと環境科学コースを担当)
三方 裕司
教授
自然科学系
生理活性発現を指向した小分子の合成とその機能解析
(化学コースと環境科学コースを担当)
竹内 孝江
准教授
自然科学系
質量分析と量子化学計算を用いた分子及びクラスターイオンの化学反応過程の解明
(化学コースと環境科学コースを担当)
棚瀬 知明
教授
自然科学系
多核金属中心を用いた有機金属・錯体化学及び生物無機化学
中島 隆行
准教授
自然科学系
有機金属クラスターを用いた新しい機能・反応の開発と金属クラスター超分子化学の開拓
藤井 浩
教授
自然科学系
金属イオンを含むタンパク質、酵素の機能発現の分子機構の解明
高島 弘
准教授
自然科学系
金属蛋白質の設計と光機能発現


生物環境科学講座

 本講座は、生物をとりまく様々な環境の中で、ヒトを含めた多様な生物個体及びその集団、細胞、生体分子が示す環境応答の機構、相互作用の解明を目指した教 育・研究を行います。特に、ヒトを含めた生物の諸活動が環境因子によってどのように調節されるのか、また環境(生態系)をいかにして保全できるのかを中心 課題に、基礎から応用に至る幅広い教育分野をカバーします。そのため、本講座で行われる教育・研究には、生体分子の構造やその生理作用に注目した 生体高分子分野、遺伝情報とその発現による構造や機能変化を対象とした生体情報分野、器官や組織が示す多様な生命現象を対象とした生体機能分野、生物個体 や集団における行動・生態系を対象とした集団機能分野などが含まれます。

鍵和田 聡
教授
自然科学系
生体膜の構造と機能に関する分子生物学的研究
保 智己
教授
自然科学系
脊椎動物における眼外光受容器官(松果体や脳深部光受容器官)に関する神経生物学的研究
坂口 修一
准教授
自然科学系
高等植物の組織・器官形成に関する研究
吉川 尚男
准教授
自然科学系
原生動物の分類・形態・分子系統に関する細胞生物学的、電子顕微鏡的研究
春本 晃江
教授
自然科学系
原生生物の生殖・行動・進化に関する研究
渡邊 利雄
教授
自然科学系
遺伝子改変マウスを用いた、小胞輸送の高次生理機能の研究と、がん腫瘍維持メカニズムの研究
酒井 敦
教授
自然科学系
植物オルガネラの増殖・分化に関する生理・生化学的研究、植物個体の環境応答
遊佐 陽一
教授
自然科学系
淡水・海洋生物の生態・行動・進化に関する研究
佐藤 宏明
准教授
自然科学系
群集および生態系レベルにおける生物多様性の構造・変動・保全に関する研究
奈良 久美
准教授
自然科学系
植物の形態形成、及び水輸送に関する分子メカニズムの研究
佐伯 和彦
教授
自然科学系
植物微生物相互作用と生物窒素固定の遺伝生化学的研究
岩口 伸一
准教授
自然科学系
菌類の染色体変異および核相変換に関する分子生物学的研究
安田 恵子
教授
自然科学系
哺乳類生殖腺の形態形成と機能
西井 一郎
准教授
自然科学系
研究室HP
緑藻・ボルボックス目を用いた形態形成運動・細胞分化・多細胞化の分子生物学的研究