理学部・大学院HOME > 大学院博士前期課程 > 化学専攻

大学院人間文化研究科 博士前期課程 化学専攻

化学専攻のHP:詳細情報はこちら

分子や物質の構造・反応性・機能を実験や理論を通して明らかにしたり、新しい機能性分子・物質の創成を行う専攻です。


 化学は電子・原子・分子といった物質を構成する基本粒子に焦点をあて、物質の性質や変化といったマクロな現象の仕組みを考える学問です。化学は、物理学、生物学、環境学といった自然科学分野だけでなく、工学、農学、医学、薬学など多岐にわたる分野に対して、原子や分子およびそれらの集合体に関する多くの有益な知識を提供し、各分野の発展に貢献してきました。現代の化学では、さまざまな実験技術や計算機の飛躍的な進歩により、原子レベルでの物質設計や反応・物性の予測など、極めて微細な領域での直接的な観測や制御まで可能になってきています。また、微細な対象の観測・解析手段の飛躍的な進歩とともに、それらの背景にあるさまざまな学問分野もより有機的に絡み合いつつ高度なものに発展しています。
 このような化学研究分野の進展の大きな動向に対処するため、本専攻では、分子や物質の構造と反応解析の実験および理論など、化学のより基礎的・普遍的分野の教育研究を受け持つ基幹化学コースと、分子や物質が持つ機能性に焦点をあてた、より応用的な分野の教育研究を受け持つ機能化学コースの2大コースを設け、互いに融合しながら化学的現象の解明や新機能性分子の創成に挑戦しています。  


概要・教育理念

教育理念

 大学院博士前期課程化学専攻では、広く科学技術関連分野で活躍できる基本的な能力を養えるように、第一線での研究活動と授業カリキュラムを通して、化学分野の専門的な知識を習得します。さらに、化学の各専門分野における学術研究活動を通じて、化学の学識はもちろんのこと、あらゆる科学技術分野で適用可能な研究の方法論を習得するとともに、柔軟な思考力や適応能力を身につけることを目標としています。
 さらに、本学大学院博士後期課程への進学の道もあり、博士号取得の後には高度な学識と技能を生かして、研究を主とする専門的な職業で活躍できることを目指しています。

求める学生像

 化学専攻では、学部教育において「化学」を学修した学生、「化学」以外の理学・工学系等の学部教育を受けた学生で化学の専門分野の研究に興味のある学生の入学を期待しています。  本専攻で現代化学の専門知識・技術、ならびに各分野の問題に応用可能な問題処理方法論を身につけるためには、化学の基礎知識および専門知識ならびに英語 を習得していることが必要です。また、科学技術の研究・開発の分野で活躍したい、またそれ以上に、大学院博士後期課程へも進学して最先端の化学研究 に参画したいという意欲のある方々の入学も歓迎します。


授業科目一覧

コロイド溶液分子論
計算分子科学
反応量子化学
ソフトマター化学特論I
生物有機金属化学
機能性無機錯体化学II
分子触媒化学
生物有機化学
機能化学特論
無機外国語特論I・U
構造化学セミナーI・V
機能性錯体化学セミナーT〜X
界面ナノ化学
高分子機能論
物性物理化学特論
有機金属錯体化学
光機能分子化学
無機機能化学特論
触媒機能化学
有機反応化学特論
基幹化学特論
有機外国語特論I・U
物性化学セミナーI〜W
無機生体関連化学セミナーI・U
分子統計論
機能性高分子化学
物理化学特論
金属クラスター化学
機能性無機錯体化学I
無機合成化学
有機構造論
有機立体化学特論
物化外国語特論I・U
反応化学セミナーI・V
高分子機能化学セミナーI〜V


基幹化学コース

 化学の根幹をなす物理・無機・有機化学の3研究分野を基本に化学の基礎的かつ普遍的分野を主として担うのが本コースの役割です。ここでは分子や物質の構造や物性、反応性を実験的または理論的に解明します。また、いろいろな実験的・理論的手法をより充実・発展させる ことによって得られる多くの知識を融合しながら、単純なものから複雑なものまでの多種多様な化学物質並びに化学現象を統一的に理解することを目指します。

吉村 倫一
教授
物性物理化学・反応物理化学
界面活性剤、両親媒性高分子、金属ナノ粒子などソフトマターの分子集合体に関する研究
片岡 靖隆
教授
有機合成化学
研究室HP
高性能な遷移金属錯体触媒の設計と合成、環境に調和した新しい有機合成反応の開発
浦 康之
准教授
有機合成化学
環境調和を指向した新しい有機遷移金属錯体の合成、反応性と触媒機能に関する研究
衣川 健一
教授
理論物理化学
分子シミュレーションの手法による分子集団・分子集合体の先験的解明及び物性設計
太田 靖人
准教授
理論物理化学
研究室HP
計算科学的手法による複雑多分子系の構造・反応機構の解明及び新しい理論計算法の開発
中沢 隆
教授
生命有機化学
研究室HP
生体高分子、特にタンパク質・酵素の構造、機能、及び反応機構の解析法の開発と研究
(化学コースと環境科学コースを担当)
三方 裕司
教授
生命有機化学
研究室HP
生理活性発現を指向した小分子の合成とその機能解析
(化学コースと環境科学コースを担当)
松本 有正
助教
生命有機化学
キラリティーおよび有機金属触媒に関する研究


機能化学コース

 本コースでは、より複雑な無機・有機分子からなる錯体や高分子、さらに生体に含まれる多様な分子から構成される複合体などの機能の解明とその応用を主たる目的として研究を進めます。新機能性分子や新機能 性物質の開発、生命の分子レベルからの理解を目指します。

竹内 孝江
准教授
物性物理化学・反応物理化学
分子及びクラスターイオンの反応機構の解明と文化財環境への質量分析学の応用
(化学コースと環境科学コースを担当)
棚瀬 知明
教授
有機金属・錯体化学
多核金属中心を用いた有機金属・錯体化学及び生物無機化学
中島 隆行
准教授
有機金属・錯体化学
研究室HP
有機金属クラスターを用いた新しい機能・反応の開発と金属クラスター超分子化学の開拓
久禮 文章
助教
有機金属・錯体化学
二核及び多核金属錯体を用いた生物有機金属化学
中前 佳那子
助教
有機金属・錯体化学
遷移金属多核錯体の精密合成による新規材料開発
藤井 浩
教授
生物無機化学
金属イオンを含むタンパク質、酵素の機能発現の分子機構の解明
本田 裕樹
助教
生物無機化学
金属酵素・タンパク質の触媒反応機構に関する研究
高島 弘
准教授
生物無機化学
研究室HP
金属蛋白質の設計と光機能発現
梶原 孝志
教授
機能性材料化学
研究室HP
ナノサイズの新規金属錯体の設計・合成と固体状態における物性制御に関する研究
片岡 悠美子
助教
機能性材料科学
研究室HP
新規金属錯体の設計・合成とその光物性及び機能化に関する研究