日本アジア言語文化学コース

大学院へのいざない

日本アジア言語文化学コース

コースの特徴

大学で培った学力を基礎に、日本と中国を中心とした東アジアの言語文化について研究します。国文学分野においては上代・平安鎌倉・室町江戸・近代(二人)のすべての時代にわたって専任教員がおり、国語学分野にも古代から現代にわたる諸問題を研究する二名の教員がいます。中国文学・中国語学分野は、古代から近世まで、専門の時代を異にする三人の教員が担当しています。

作品の精読を根本に据えた文学・言語研究を行っていますが、奈良という地の利を活かし、奈良や京都の寺社や文庫などで写本・版本を手にとっての調査・研究も行っています。一方、文献資料データベースの作成や絵画資料の画像処理の授業を受講することもできます。
 また21世紀COEプログラム「古代日本形成の特質解明の研究教育拠点」以来、拠点講座の一つとして、学会をリードする研究が進められています。特に毎年夏に本学で行われる「若手研究者支援研修プログラム」は大変有意義な試みとして注目されています。
 大学院では、学会などの研究活動も重要な位置を占めます。本学では国文学関連の学会が毎年のように開かれ(近年の例では、上代文学会、中古文学会、日本近世文学会、和歌文学会関西例会、説話文学会・仏教文学会、近代文学会関西支部大会ほか)、中国文学関係でも、シンポジウム・講演会など海外の研究者と交流する機会が多く、中国の重点大学である南京大学や台湾の国立清華大学といった提携校への留学も随時可能です。
 このような恵まれた環境のもと、本学・他大学出身者ともに切磋琢磨し、最先端の学問にふれつつ、自分自身の研究成果をも広く発表することをめざして、日夜研鑽を積んでいます。

授業科目(平成24年度開講科目より)

  • 『万葉集』
  • 『古事記』
  • 『花鳥余情』(源氏物語注釈書)
  • 袋中上人をめぐって
  • 『平家物語』
  • 『拠字造字抄』
  • 近世近代作品の批判的検証
  • 近現代文学作品の精読
  • 現代日本の国境を越える文学=「トランスナショナル文学」
  • 古代日本の「書きことば」の成立
  • 日本語学、日本語史の分野における基本テーマの考察
  • 中国古代文献の諸問題
  • 『四庫全書総目提要』集部宋代総集類の解読
  • 『唐宋詩挙要』
  • 中国現代主義(モダニズム)文学
  • 現代中国語の語彙の構造

進路

博士後期課程に進学したり、専修免許を取得して中学高校の教員になる者が、多くを占めます。特に近年、各都道府県の教育委員会において大学院修了者を採用する傾向があり、中学や高校の教員をめざす人には、大学院での専修免許の取得をおすすめします。また、これ以外に、大学院修了後、公務員となったり、一般企業に就職するケースもあります。博士後期課程進学後は、大学教員や非常勤講師、あるいは万葉文化館や宮内庁書陵部などの研究職に就職しています。

修士論文題目

平成23年度
  • 萬葉集における「八千桙の神の御世」について
    ― 一〇六五番歌を中心に―
  • 『伊勢物語』第四段試論
    ―平安時代における「とぶらひ」攷―
  • 叡尊と『梵網経古迹記』
    ―『梵網経古迹記輔行文集』を中心に―
  • 「鬼」について―『鞍馬蓋寺縁起』を中心に―
  • 皇甫謐の出処観
    ―『高士傳』・『帝王世紀』・設論を中心に―
  • 鮑照「蕪城賦」の表現と構造 ―五言詩との関わりについて
平成22年度
  • 山部赤人の不尽山歌について―山に対する意識を中心に
  • 「物名」攷
  •  『無名草子』における光源氏像
  • 天平勝宝四年聖武太上天皇歌とその周辺
平成21年度
  • 三輪における遁世者・元賓〜「大三輪神三者鎮座次第」を中心に〜
  • 『古葉略類聚鈔』歌本文にみる『萬葉集』受容の一側面
    ―漢字片仮名混合本文を中心として―
  • 植物を用いた人物造形の方法―「源氏物語」の特異性―
平成20年度
  • 遍照光院頼慶序説
  • 樋口一葉「うつせみ」論
  • 中臣宅守独詠歌の作歌意識
  • 「二十四孝」について
  • 神亀二年難波宮行幸の車持千年作歌試論
  • 柳如是論
  • 『弘児聖教秘伝私』の基礎的考察
平成19年度
  • 西鶴『諸国ばなし』考
  • 小堀遠州『辛酉紀行』の研究
  • 服部嵐雪『其袋』の研究
  • 但馬皇子相聞三首について
  • 谷崎潤一郎『吉野葛』試論
  • 『吾輩は猫である』試論
  • 蘇軾・蘇轍の唱和詩
平成18年度
  • 野坂家蔵謡本の研究
  • 久米仙人再考−七大寺巡礼私記を中心として−
  • 北村季吟『万葉拾穂抄』の研究
  • 芥川龍之介『歯車』試論
  • 樋口一葉『にごりえ』考
平成17年度
  • 天智天皇挽歌群考
  • 『私聚百因縁集』考―その成立と受容
  • 『風につれなき物語』の女院
  • 宗祇の伊勢物語注釈―『山口記』を中心として
  • 鮑照と杜甫―戦争を詠んだ二人の詩人

pagetop