独立行政法人日本学生支援機構は帰国した留学生に対し次の事業を行っています。

1.帰国外国人留学生短期研究制度

制度の概要
この制度は、帰国後1年以上の元日本留学生を対象に90日間を上限に日本へ招致し、再度研究をする機会を与え、旅費・滞在費を支給します。
対象者(次のいずれにも該当する者)
(1) アジア、中南米、中東、アフリカ等の開発途上国・地域の国籍を有する帰国留学生で、現在自国において教育・学術研究又は行政のいずれかの職に就いている者
(民間企業に従事している者は除く)
(2) 我が国での留学について在留資格「留学」を取得していた者
(3) 我が国の大学院を修了又は単位取得満期退学していること
(4) 帰国後1年以上経過している者で、満45歳以下の者
研究期間
連続する60日以上90日以内
支援内容
往復渡航旅費、滞在費(1日につき11,000円)、
その他、受入研究者に対し、受入協力費(50,000円)

詳細は、国際課までお問合せください。

2.帰国外国人留学生研究指導

制度の概要
JASSOは、留学を終え、自国の大学や学術研究機関で教育、研究活動に従事している帰国留学生に対し、我が国における留学時の指導教員を現地に派遣し、研究指導等を実施しています。
対象国・地域
アジア近隣諸国・地域
対象帰国留学生
(1) 我が国での留学について在留資格「留学」を取得していた者
(2) 我が国の大学院正規課程を修了又は単位取得満期退学している者
(3) 帰国後5年未満であること
(4) 現在自国において、教育、学術研究又は行政のいずれかの職に就いている者
(民間企業に従事している者は除く)
指導教員等の派遣
派遣期間は7日以上10日間以内
支援内容
研究指導者の往復渡航旅費、滞在費(日額16,000円)、研究指導経費等(上限100,000円)

詳細は、国際課までお問合せください。