日本の大学に留学するためには、在外日本公館(大使館や総領事館)で留学ビザを取得しなければなりません。そのためには、ご自身で在外日本公館に直接ビザ申請をする方法と、予め大学の職員を通して入国管理局から「在留資格認定証明書」を受けとり、それを持って在外日本公館でビザ申請をする方法があります。

「在留資格認定証明書」とは、あなたが入国のための条件に適合していることを入国管理局が証明してくれるものです。この証明書があれば、在外日本公館などでのビザ取得の手続や空港での入国審査がスムーズになります。

以下に在留資格認定証明書交付申請の基本的な手続きを説明します。なお、大学での身分など(例えば正規生か非正規生かなど)により必要な手続きが変わる場合があります。国際課から個別で案内をしますので、それに従って準備を進めてください。

@在留資格認定証明書交付申請に必要な書類を用意します。
※交換留学生については、交換留学の申請書類として提出いただきますので、改めてご用意いただく必要はありません。
1.在留資格認定証明書交付申請書(申請人等作成用)
2.履歴書(大学指定の様式があります)
3.写真(4cm×3cm)3枚
4.入学許可書のコピー
5.パスポートのコピー(個人情報のページ)
※過去に渡日歴がある場合はその出入国スタンプのページも必要です。
6.経費支弁書
日本での留学資金があることを入国管理局に説明するための書類です。
留学中の費用をご自身で全て用意する場合は、ご自身の銀行残高証明書を用意してください。
ご家族の方が費用を負担する場合は、そのご家族の銀行残高証明書、在職証明書、親族関係証明書等が必要です。
※この他にも、入国管理局から追加で資料の提出を求められる場合があります。
A国際課から入国管理局へ代理申請をします。
申請から在留資格認定証明書の発行まで1〜2ヵ月程度かかる場合があります。
B在留資格認定証明書が交付されましたら郵送します。
C母国の在外日本公館でビザの申請をしてください。
在留資格認定証明書以外に必要な書類は、在外日本公館のホームページで確認できます。

ビザを取得し、渡日のスケジュールが決まりましたら、必ず国際課へ教えてください。