1.緊急の場合の連絡先等
(1) 電話番号
犯罪・交通事故は警察署へ TEL: 110
火事・大怪我・急病は消防署へ TEL: 119

(2) 公衆電話で緊急電話をかける方法
@受話器を取って、緊急用ボタンを押す。
A119又は110をダイヤルする。
B犯罪か交通事故か、火事か救急かといった状況を説明する。
C通報者の名前と、その事態が生じている場所の住所や、近くの目印となる建物などを伝える。

(3) 救急車の利用
救急車は24時間活動しており、利用は無料です。ただし、治療費は自己負担となりますので、救急車を待つあいだに、在留カード等、保険証、現金を用意してください。
救急車は赤色灯を回転させ、サイレンを鳴らしてくるので、状況にもよりますが、サイレンが聞こえたら表に出て手を振って合図をしてください。
救急車は緊急に治療を必要とする場合のみ利用できます。軽いけがなどの場合は、公共交通機関やタクシーなどを利用して近くの病院に行ってください。

(4) 緊急時の大学への連絡方法
留学生本人に係わる緊急事態の場合は、連絡がとれるようであれば、国際課留学生係や指導教員へも連絡してください。夜間や休日の場合は、大学守衛室まで連絡してください。
国際課留学生係 TEL: 0742-20-3240
大学守衛室 TEL: 0742-20-3214
2.火 災
日本の住居は燃えやすい材質でできていることが多いので、火災予防には細心の注意を払ってください。特に外出するとき、寝るときは加熱器具、ガス等の取扱いに気をつけてください。
それでも万が一火災がおきてしまったときや、火災を発見したときは、近所の方に知らせて消火の協力を求めましょう。初期消火が大事ですが、天井に火が届くぐらい大きくなったときには、迷わず避難をしてください。消火に気をとられて逃げ道がふさがれてしまうことのないよう注意をしてください。
消火については、基本的には消火器を使用してください。油鍋に火が入った場合など、水をかけるとかえって火を大きくしてしまうこともあります。
また、煙は有毒ですので、避難の際には、濡れタオルで口を覆い、低い姿勢で逃げましょう
3.地 震
日本は地震が多い国です。被害を少なくするには、日頃の準備と心構えが大切です。

(1) 地震に備えて
@タンスや本棚などは器具で固定し、高いところに物を置かない。
A消火器の用意、もしくは設置場所の確認をしておく。
B非常持ち出し品を用意しておく。特に旅券、在留カードや保険証等については、いつでも持ち出せる場所に置いておく。
C防災訓練等には積極的に参加する。

(2) 地震がおきたら
@テーブルや机の下などにもぐり、身の安全を図る。
A窓や戸を開けて、出口を確保する。ただし、あわてて外には飛び出さない。
Bガス器具の元栓を閉め、電気製品のコンセントを抜く。
C火が出たら消火器などで消火する。
D外では塀や門柱など、倒壊する可能性のあるものに近寄らない。
Eテレビやラジオなどで正しい情報をつかむ。
4.電気・水道・ガス
一般に、電気・水道・ガスについては宿舎の契約とは別に、個別に契約をする必要があります。
奈良が位置する関西地方の電圧は100V、周波数は60Hzです。富士川(静岡県)から東では、100V 50Hzと周波数が異なりますので、電気器具を使用する際は注意してください。
また、ガスについては、奈良市の場合、一部地域では都市ガスが供給されていない場合があり、その地域ではプロパンガスが使用されています。使用するガスの種類によってガス器具が異なりますので、ガス会社や器具の販売店で確認してください。
電気・水道・ガスについて、それぞれ奈良市の場合の問い合わせ先は以下のとおりです。
宿舎で電気を最初に使おうとするときや、引越ししようとするときは、2〜3日前に関係の連絡先まで連絡してください。

電気:関西電力奈良営業所(TEL:0800-777-8052
水道:奈良市企業局(TEL:0742-34-5200
都市ガス:大阪ガスお客様センター北東部リビング事業部北部事務所(TEL:0120-5-94817
5.公共料金の支払い方法等
電気・ガス・水道・電話の各料金については次の支払い方法があります。

(1) 自動振替
郵便局や銀行の預金(貯金)口座から毎月決められた日に自動振替をする方法
手続きは、郵便局や銀行の窓口で問い合わせてください。

(2) 直接自分で支払う
それぞれの会社の営業所、郵便局・銀行などで支払う方法

(3) 支払い期限が過ぎた場合
直接それぞれの会社の営業所で支払う

(4) 引越しをする場合
引越し当日に現地で支払いをする。この場合、事前にそれぞれの会社に連絡を入れておくことが必要です。日本国内で引越しをする場合は、後日請求書を送付してもらったり、引き続き自動振替による支払いが可能な場合もありますので、それぞれの会社へ連絡の上、確認をしてください。
6.電話
(1) 携帯電話
携帯電話は契約会社によってプランも随分違うので、いくつかの会社について、料金等確認をしてから契約をすることをおすすめします。
携帯電話の契約をする場合は、身分証明書(パスポート、在留カード等)を持って、携帯電話販売店へ行き、手続きをしてください。

(2) 公衆電話
駅や、たくさん人が集まる場所には公衆電話が設置されています。
公衆電話を利用するには、10円硬貨か100円硬貨、又はテレホンカードを使います。電話機の機種によりどれが使用できるのか、電話機を確認の上、利用してください。

(3) 国際電話
公衆電話にも、国際電話がかけられるものがありますので、電話機を確認の上、利用してください。
利用する電話会社により、かけられる国・地域、通話料等が違います。詳しくは各会社に問い合わせてください。

<国際電話のかけ方>
KDDI:001+010+国番号+相手の電話番号
NTT:0033+010+国番号+相手の電話番号
ソフトバンク:0041+010+国番号+相手の電話番号
7.郵便等
(1) 郵便物などの受取
郵便物などの受取は、自分の住所を相手に知らせておき、住所(自宅)に出すようにしてもらってください。
やむをえず大学で受け取らなければならない場合は、事前に国際課留学生係に相談してください。

(2) 手紙・荷物の発送
郵便では手紙・小包のほかに現金も送ることができます。
手紙は市内のポストに投函し、小包・現金の場合は郵便局にもって行かなければなりません。
宛て名は、英文でも配達されますが、正確にはっきりと書いてください。
小荷物などは宅配便による発送の方法もあります。これの取次ぎは学内の場合は大学生協(大学会館内)で、街のなかではコンビニエンスストアなど「宅配便取扱」の看板のある店が取り扱っています。
8.郵便局
日本の郵便局は「JP」のマークで示されています。
郵便物の取扱のほかに、貯金の業務や公共料金の支払い、保険なども取り扱われています。大学の近くでは、奈良中央郵便局、東向郵便局、法蓮郵便局があります。
取扱時間は、基本的に平日の9:00〜17:00(貯金・保険は16:00まで)ですが、奈良中央郵便局では、平日の9:00〜17:00以外の時間帯や、土曜日、日曜日も郵便時間外窓口の利用が可能です。
窓口営業時間や、取扱い内容に関する詳細については、郵便局のホームページ等で確認してください。
引越し等により住所を変更するときは、近くの郵便局に転居届けを出しておけば、日本国内であればどこへでも1年間に限って転居先に転送されます。
郵便料金は、郵便物の種類や大きさ、重さ等により異なりますので、わからないときは郵便局や、大学の職員など身近に居る人に問い合わせてください。
9.新聞
新聞には代表的なものとして、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞(各朝・夕刊)があり、また専門的なものとして経済中心の日本経済新聞があります。英語の新聞もありThe Japan Times、The Mainichi Daily News、The Daily Yomiuri などがあります。
新聞は、販売店などで購入する方法と、月極めで販売店と契約して自宅などに配達してもらう方法があります。
大学の学術情報センターには、閲覧用の新聞・雑誌があります。
10.銀行口座
毎月の奨学金等については銀行振込になっていることが多いので、来日後なるべく早く銀行口座を開設するとよいでしょう。銀行口座開設の手続きには、身分証明書が必要ですので、在留カード(又は住民票)・旅券などを持参してください。日本の銀行で、日本円に交換できる外国通貨は銀行により異なります。
本学の近くには南都銀行本店、三菱東京UFJ銀行奈良支店、三井住友銀行奈良支店などがあります。営業時間は午前9時から午後3時まで、土曜日・日曜日と国民の祝日は休みです。キャッシュカードを使用しての預金の出し入れは、時間外や土曜日、日曜日も利用できますが、手数料が必要となる場合もありますので注意してください。
11.ごみ
家庭から出るゴミは、市区町村の役所が収集します。収集する場所、曜日、時間は地域ごとに決まっていますので、近所の人か地元の役所に問い合わせてください。
またゴミの分別は一般的に、「燃やせるゴミ」、「燃やせないゴミ」、「資源ゴミ」(ビン、缶、ペットボトルなど)、粗大ゴミに分けて収集されますが、これも地域によって分別の仕方や回収日が異なりますので、よく確かめて必ずそのルールに従ってください。
いらなくなった家電製品を回収してもらう際はリサイクル料金がかかる場合があります。必要な際は家電製品を取扱う店に依頼してください。
12.テレビ・ラジオ
(1) テレビ
日本放送協会(NHK)は、公共事業ですので、テレビを設置するとNHKに受信料を支払わなければなりません。
受信料を払う場合は郵便局や銀行の自動振込が便利です。手続については、郵便局や銀行の窓口で問い合わせてください。また、2か月ごとに集金人に直接払うこともできます。
奈良市内では通常次のチャンネルが受信できます。

1チャンネル・・・NHK(日本放送協会)
2チャンネル・・・NHK教育(日本放送協会)
4チャンネル・・・毎日テレビ
6チャンネル・・・朝日テレビ
8チャンネル・・・関西テレヒ
9チャンネル・・・奈良テレビ
10チャンネル・・・読売テレビ

(2) 衛星放送
特別な受信装置を付けることによって衛星放送が受信できますが、衛星放送については有料です。
学内では、大学会館のオーディオルームに設置しています。利用については学生生活課(大学会館内)に尋ねてください。

(3) 音声多重放送
音声多重のテレビ受信機であれば、英語のニュースが聴け、外国の番組が原語で楽しめます。

(4) ラジオ
奈良市内では通常次の周波数で受信できます。

558KHz・・・神戸AMK
666KHz・・・NHK第1放送
828KHz・・・NHK第2放送
1008KHz・・・朝日放送
1143KHz・・・京都放送
1179KHz・・・毎日放送
1314KHz・・・大阪放送
88.1MHz・・・NHK−FM放送
85.1MHz・・・FM大阪放送
76.5MHz・・・FMCO・CO・LO
80.2MHz・・・FM802
89.4MHz・・・α-Station
89.9MHz・・・KissFM
78.4MHz・・・ならどっとFM

わからないことは、どのようなことでも、取りあえず指導教員・チューター・大学職員に相談してください。