大学院人間文化研究科博士前期課程: 人間行動科学専攻

大学院へのいざない

大学院人間文化研究科博士前期課程: 人間行動科学専攻

本専攻は、学部における専門的な知識を踏まえ、人間と人間の諸行動について、より高度な教育と研究を行います。その構成は、教育学・人間学コース、人間関係行動学コース及びスポーツ科学コースです。
 本専攻は、文部科学省「大学院教育改革支援プログラム」に採択された教育プログラム「女性の高度な職業能力を開発する実践的教育」を実施しています。
※本専攻では平成30年4月より組織改編とそれに伴う専攻名称の変更を予定しています。詳しくはこちらをご覧下さい。

大学院:人間文化研究科のトップページ

各コースの紹介

教育学・人間学コース

教育学・人間学コースは、人間形成と人間存在に関わる幅広い事象――教育の思想と実践、哲学・倫理学上の思想的諸問題、身体にかかわる文化、芸術、メディア等――を教育・研究の対象とします。
 「教育学分野」では、人間の成長・発達及び教育の構造について原理的・歴史的・実証的に解明を試みます。
 「哲学・思想分野」では、人間をその存在そのものにおいて根本的・原理的に究明し、社会の倫理的基盤について考察します。
 「音楽教育学分野」では、音楽と人間のかかわりを根源的に問うために、歴史・社会・文化を含めた複眼的な視点からアプローチしていきます。
 「身体文化学分野」では、われわれを取りまく歴史、社会、文化について、それを「身体」という視点から眺めます。教育や思想の問題から大衆文化の問題まで、幅広いテーマを取り扱っています。
 本コースでは、文献資料による理論的研究、観察・インタビュー・アンケート等の調査による実証的研究など、多様な研究方法を批判的に吟味しつつ活用します。
 現代社会における様々な人間の営みについて生き生きとした関心を持ち、その問題点を原理的に探究するとともに創造的に克服していく、高度な専門的能力を身につけた学生を育てます。

主な研究分野: 教育学、哲学・倫理学、音楽教育学、身体文化学

人間関係行動学コース

人間関係行動学コースは、人間関係と行動の諸側面を、心理学のさまざまな角度から教育・研究します。そのために、認知や知覚など基礎心理学のほか、発達や教育の心理学、対人心理学、臨床心理学の見地を活用し、理論と実践の両方を視野に入れて現象にアプローチします。実験や社会調査といった定量的研究や、フィールド観察やライフ・ストーリー面接など質的研究のどちらの方法であっても、現象を深く鋭く追究し、専門性を開拓し高めていきます。

人間文化研究科附属心理教育相談室の活動を通し、心理臨床や臨床発達の実践を行うことが可能です。本コースでは、5つの指定科目の履修と、200 時間の臨床実習を行うことで、臨床発達心理士の受験資格が取得できます。

人間という存在は、心理現象や心理システムとして捉えると、驚くほど豊かな奥行きがあります。人間をより深く理解するには、さまざまな知識や思想、技術が必要です。同時に、心理学を通して何を目指すのか、研究を通して人間の幸福に貢献するとはいかなることか、など、研究営為の社会的意義を常に問う姿勢が求められます。

あらゆる現象に不思議さを感じとれる好奇心と、それを追究する意味を洞察する研究意欲をもった学生を期待しています。

主な研究分野: 心理学(発達臨床、教育・発達(保育を含む)、認知、社会)

スポーツ科学コース

本コースは、学部での教育と研究を基礎に、スポーツ行動や身体運動現象を科学的に把握し、社会に貢献できるような研究を目指しています。人間の歴史的所産である運動文化は、具体的には体操・スポーツ・ダンスとして現れますが、この運動文化を学問的にアプローチする視点は、人文・社会・自然の視点など多様です。たとえば、スポーツの歴史、スポーツの心理学、スポーツの社会学、運動生理学、身体表現学などです。したがって、スポーツ科学は、基本的に学際的な学問であり複雑系の科学です。
 これらの性格を十分踏まえて、他の諸学問と関連しながら、スポーツ行動や身体運動現象を理論的及び実証的に研究します。
 近年、産業構造の変化に伴って、自然環境や生活環境の変化が急速ですが、人間を取り囲むこれらの環境的条件をも視野にいれながら、健康・体力・身体運動に関わる社会的ニーズに応えるような教育と研究も重要な課題です。このような実践的な研究は、理論的な研究と共に、今後ますます期待される領域といえます。

教育理念

本専攻は、哲学・思想、教育学、生涯学習、認知と発達の心理学、臨床心理学、音楽、体育とスポーツの科学等の研究を通し、人間と人間の行動について広い視野から深く学ぶことを目的とします。教育学・人間学コースでは人間存在と文化、人間形成について、人間関係行動学コースでは心理及び身体を含めた人間の行動について、スポーツ科学コースではスポーツ文化、スポーツ行動、身体運動現象について、特に専門的に研究します。

求める学生像

本専攻に学ぶ学生には、学部での学習・研究を基盤とした明確な研究展望とともに、社会生活に根ざした真摯な問題意識が望まれます。また、本学は女性の社会進出を共通の理念としていることもあり、将来、本専攻での研究を社会に還元する意欲のある学生が求められます。修了後には博士後期課程に進学し学位を取得する道も開かれており、意欲的、かつ自律的に研究を進めていくことも必要となります。

pagetop