食物栄養学専攻



食物栄養学専攻 【博士前期課程】

担当教員情報はこちら  


病気を予防し,健康を維持・増進する食生活を実現するために,食物の栄養,機能,安全性をはじめとする,現代の食に関わる多様な問題を研究・教育することを目的とします。

【専攻の概要】
 本専攻は,健全で快適な食生活の創造を目的として,医学,農学,薬学,工学などの専門領域の情報を集約し,食物の栄養性・安全性・機能性・嗜好性・調理加工性などに加えて,疫学的研究や食材の流通システムの問題など,分子レベルから生体,さらには集団としての人の研究まで,広い範囲にわたって研究・教育を行います。
 本専攻では,食物・生命・健康・環境等について高度で幅広い知識と研究能力を持った人材,例えば新規食品や食品加工法の開発研究者,食品分析の専門技術者,製薬,保健・健康関連企業等の研究開発スタッフ,地域社会における食生活・健康の指導者(行政),食物栄養学関係の大学・短大教員などの人材の育成を目指しています。また,中学・高校家庭科教師の専修免許,管理栄養士の資格のある人は栄養教諭の専修免許が取得できます。生活関連企業の研究開発員,官公庁の生活関連の職員などが期待されます。

 本専攻では以下にかかげる授業とその演習から成り立っています。また,毎年学外から著名な講師を招いて講義を行ってもらっています。

主な授業科目
栄養生化学特論,応用微生物学,食安全学特論,栄養疫学特論,食品機能学特論,小児疾患特論,食品情報解析論、環境応答機構論,代謝調節機構論,学校栄養教育特論,学校栄養指導カウンセリング特論,分子病態学特論,臨床栄養学特論,栄養遺伝子学特論,分子食品学特論,生体防御科学特論,生命科学特論,食物栄養学特別研究

生活環境学部の紹介ページ
 

【教育理念】
 本専攻は,病気を予防し,健康を維持・増進する食生活を実現するために,現代の食に関わる多様な問題を研究・教育することを目的とします。本専攻では食物の栄養性,機能性、安全性などについてバイオサイエンスを基盤として研究・教育するとともに,疫学的研究や基礎研究に基づいた食教育についても研究・教育することを目的とします。即ち「食」に関わるミクロな領域からマクロな領域まで高度な研究能力と知識を持つ人材の育成を教育理念としています。

【求める学生像】
 学部の食物栄養学科における研究・教育内容をさらに発展・進化させ,より高度な研究能力と知識を持つ人材の育成を目的としています。このため,正規の講義や演習以外にも院生の研究には徹底した個人指導を行います。懇切丁寧な指導を通して最先端の学術的な知識・技術を身に付け,社会に出た際に食に関連する分野において高度職業人として活躍し,将来の展望を切り開く能力を備えた人材を育成することが目的であり,そのような目的を共有して強い意欲と一定の科学的知識を備えた学生を求めます。


さらに研究を続けたい人は:博士後期課程共生自然科学専攻




食物栄養学専攻:担当教員情報
「専攻構成・担当教員」はこちら

専門分野 職 名 教 員 名 所 属 詳細情報
食品科学
栄養科学
教授 井上 裕康 生活環境科学系 研究者総覧
研究紹介集
免疫学
微生物学
分子遺伝学
教授 小倉 裕範 生活環境科学系 研究者総覧
研究紹介集
食品成分化学
分子調理科学
教授 菊ア 泰枝 生活環境科学系 研究者総覧
研究紹介集
食物科学
食品化学
食品分析学
脂質生化学
教授 村 仁知 生活環境科学系 研究者総覧
研究紹介集
公衆栄養学
疫学
栄養疫学
教授 地 リベカ 生活環境科学系 研究者総覧
研究紹介集
医化学
分子生物学
教授 松田 覚 生活環境科学系 研究者総覧
研究紹介集
栄養生化学 准教授 中田 理恵子 生活環境科学系 研究者総覧
研究紹介集
微生物学
細胞生物学
分子生物学
農芸化学
生活科学
准教授 前田 純夫 生活環境科学系 研究者総覧
研究紹介集


21世紀COEプログラム

「魅力ある大学院教育」イニシアティブ

ポストドクター・キャリア開発事業

ポストドクター・キャリア開発事業

↑ TOP